婚活疲れの原因!? 婚活がうまくいかない女子の特徴

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
美佳

Written by:

2017.03.10.Fri

婚活を何年もしているのに、いまだに結婚につながる出会いがないという女子、もしかしたら婚活の方法が間違っているのかもしれません。
婚活がうまくいかなない女子の共通点はこれ。なかなかうまくいかないのなら一度やり方を見直してリセットしてみるのもオススメです。

相手に求める条件が多い

婚活をする上で条件はそれなりに大事だと思います。でも、あまりにも相手に求める条件が多すぎると、条件に当てはまる人を探すのが大変です。仮に当てはまる人に出会ったとしても、その人と付き合えるかはまた別の話。
自分の条件すべてを満たしている男子と出会って、付き合って、結婚……そう簡単にできるものではないです。早く結婚したいなら条件は最小限に絞りましょう。

減点法で相手を見ている

相手を見るときに、「タバコ吸うのか……マイナス1点」「身長175センチないんだ……マイナス1点」「服装ダサッ! マイナス1点」と減点法で見てしまう婚活女子は要注意。
相手を見るときは加点法で見るようにしましょう。でないと、誰を見るときも相手の欠点ばかりに目が行き、結局誰のこともいいと思えなくなります。

見切りが早い

婚活慣れしている女子にありがちですが、「なんか違うな」「きっと私とは合わないな」と思った瞬間見切るのはもったいないです。確かに見切りの速さも大事ですが、少しでもダメだと思った瞬間に見切っていると、誰とも付き合えません。「なんか違うな」と思っても、一気に見切らずに少し様子を見ましょう。なにかの拍子に自分に合う部分を見つけ、興味が湧くことだってありますから。

自分の価値観が絶対

自分の価値観が絶対で、譲れない女子、いつまでも結婚できないですよ。結婚はひとりじゃなくて、ふたりでする共同生活。もともと他人だったふたりが一緒に生活するんです。価値観がまったく合致することなんてまずありません。自分の価値観が絶対! と譲らない姿勢ではいつまでも独身かも。

必死感が漂っている

相手に婚活の必死感が伝わると、相手のなかであなたの魅力が半減しやすいです……。必死に婚活をするのがダメと言っているわけではなくて、余裕をなくしている人を魅力的だと思う人はいないってこと。
出会っても色っぽい話もなく、ただ、淡々と「勤務先は?」「年収は?」と聞かれたら結婚が業務的に感じ、相手も「必死すぎで怖い……」と引きます。必死な男子ならちょうどいいけど、そこまで必死じゃない男子に必死感が伝わってしまうと逃げられます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

美佳

都内でホステスをしつつフリーライターとしてあっちこっちの媒体でちょこちょこ執筆中。
主に恋愛系の記事を書いてます。

日中は地味~な格好でコーヒー飲みながらカフェでコラムをかきかき。
夜はキレイなドレスを着用し、ばっちりメイクした顔で酒かっくらってます。
そんな20代後半の私。