彼の本気度がわかる! 男性が本命を誘うデートスポット4選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2017.03.06.Mon

彼といい感じだけど「これって遊びなの? それとも……」と思い悩むこと、ありますよね。そんなときは、彼が誘ってくれるデート先で本気度をチェックするという手もあります。男性によると遊びの女性を誘うデートスポットと、本命の女性を誘うデートスポットは異なるそうです。本気で愛されているかどうか、デートの行先でジャッジしちゃいましょう!

デートの行先で本気度が判明? 本命女性だけを誘うデートスポット

デートとひと言でいっても、本気度は違いますよね。友だち感覚で気軽に遊びに出かけるカジュアルデートもありますし、本命の子だけを連れていきたいデート先もあるそうです。

1: 王道・人気テーマパーク(ディ○ニーランド、ユニ○―サルジャパンなど)

定番の大型テーマパークに誘うのは「本気で好きな子だけ」という声が目立ちました。朝から晩まで一日中一緒だし、待ち時間とかもあるし、しかもコストもかかる。そんなデートにわざわざ遊び相手の女性を誘うなんてことはしないそうです!

・ 「本気でいいなと思う女性としか行きません。ディ○二―とか、基本男子は興味ないので、誘う=本命と思っていいはず」(29歳/美容師)

・ 「女性が喜びそうな場所だし、一緒にいくと付き合う流れになりそうだから」(31歳/自営業)

王道のテーマパークに「今度行かない?」と誘われたら本命の証拠。本気で好かれていること間違いなしだそう。

2: 彼女の買い物に付き合うデート

ぶらぶら街を歩いて買い物をする。そんなショッピングデートですが、男性が自分の買いたいものを優先するのではなく、彼女の行きたい場所に付き合うデートの場合は「本気度」が高いのだとか。女性の買い物に付き合うのは正直しんどいけど、彼女が喜ぶなら付き合えるという声も!

・ 「男が欲しいものだけを買いに行く買い物デートの場合は、本気度低いけど、彼女が行きたいお店中心なら本命度が高いですよね」(29歳/IT関連)

・ 「しかも買ってあげるという言葉もあれば、かなり本気です。お金も時間もかかるデートに誘うなんて本命にしかしない」(31歳/会社員)

彼女に合わせたショッピングデートなら、惚れこみ度は高いそうです。

3: 恋愛映画デート

ロマンチックな恋愛がテーマの映画、一緒に観に行こうよ。と誘われたら? それも本気度が高いという声が。だって遊びの相手と本気のラブストーリーを見て「付き合おう」みたいになるのは避けたいし。ロマンチックな恋愛映画に誘うのは彼女になってほしいとか、本気で付き合っている女性だけだそうですよ。

・ 「本気の付き合いを考えていない女性とはコメディとかアクションでごまかすけど、恋愛映画に誘うなら本命でしょ?」(32歳/インテリア関連)

・ 「そういう雰囲気(本気の恋愛)になってもいい相手だけを誘います」(29歳/会社員)

なるほど、映画の内容でも本気度が違うわけですね……。話題の映画『ラ・ラ・ランド』に誘われたら、脈ありかも?

4: 友だちと一緒に遊ぶデート

友だちや会社の仲間と集まるときに「一緒にこない?」と誘われる。これも本気度が高い証拠なのだとか。遊びの相手なら大切な友だちに紹介したりしないそうですが、仲間が集まる場所に誘うということは、本気で付き合いたい相手というわけ。

・ 「友だちが集まるとき、一緒に行こうよと誘う。紹介したい=本命ですよね」(31歳/自営業)

・ 「本気じゃない女性を友だちに紹介することはあまりないので。友だちやまわりの人に紹介したいから、とグループの集まりに誘うのは本気の証拠」(30歳/メーカー勤務)

紹介したいということは、本気で愛されている証拠。

彼が本気なのかどうか、それは普段誘ってくるデート先やデートの内容によって確かめることができそうですよね! ちなみに遊び相手を誘うデート断トツは「夜、お酒が飲めるスポット」でした。彼が本気で愛してくれているかどうか、デート先を思い返してみるとわかりそうです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net