腹立つ~! 旦那からの間接的な精神攻撃に爆発寸前! 事例5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2017.02.27.Mon

家庭円満にはいきたいけれど、なかなかそうもいかないのが夫婦生活。実の親とでもケンカになるのですから、旦那さまとしないというのも難しいお話なのか……。今日はそんな夫婦のバトルについてのお話。あなたの旦那さまは大丈夫ですか!? アラサー女子の心の叫びをお聞きください!

まだ夕飯の用意ができてないのに晩酌をはじめる

「仕事から帰って急いで夕飯の支度をしていると、ウイスキーを出して、酒だけの晩酌を始める夫。『サカナがない』と暗に言われているみたいで、すごく腹が立ちます。お酒飲む余裕があるなら、ちょっとは手伝え!!」(建築事務)

▽ 本人はそんなつもりはないにしても、料理を用意している立場からしてみれば、「早くしろ」とせかされているように感じるもの。それも、申し訳ないと思う気持ちあってこそなのですが……。こんなふうにされたら、腹が立つのも仕方ないですよね。

物音が大きかったり、電話の声が大きかったら壁をドンとたたく

「友だちと電話していて、つい盛り上がってしまうと声が大きくなってしまうじゃないですか。そんなときに、夫がドンって壁を叩いてくるんです。隣人に苦情を言いにくいから壁を叩くことはあったとしても、夫婦なんだから、もうちょっとやり方あるでしょ!」(主婦)

▽ おちおち電話で盛り上がりもできませんね。ドンって物音をされると純粋に恐怖ですし、せっかく気分がよくなったのに台無しですよ。こんなときは、扉をそっとあけて、人差し指を立てて「し~っ」ってしてくれたりするとよいかもしれません。

「そんな服を買うお金、あったっけ?」と嫌味を言う

「主婦なので、家計をやりくりしたり、ポイントをためたりしてほしいお洋服とかを買うんですけど、いざ、おろした日に『そんな服を買うお金、あったっけ?』と嫌味を言われてしょんぼりしたことはありますね。堂々とお洋服を買いたいし、楽しみたい!」(主婦)

▽ お金が絡むと、人の心は思った以上に狭くなってしまうようです。せっかくのおニューのアイテムですから、愛する旦那さんには「かわいいね」って褒められたいですのに。オンナゴコロわかっていらっしゃいませんね!

トイレのあとがクサいとわざと大きく音を立てる

「私がトイレ(大)に行ったあとで、クサいと『バタン』って音を立てたり、トイレットペーパーをガタガタ大きく鳴らしたりします。クサいのは悪いけど、そこまですることないじゃないって思うし、彼の方が正直クサい!!」(専門職)

▽ 人のことを言うと、自分にも返ってきますよ。怒る気持ちもありますが、「ごめんね~」と笑ってかわすくらいで流してしまいましょう。とはいえ、トイレの後のクサさくらい、笑って済ませられるくらいの男気が欲しいですよね!!

ごはんの支度が遅いと、夕方電気をつける

「旦那は、夕飯ができていないと、私に声をかけることなく、なぜか台所の電気をつけます。私が『今から作るよ』というと、電気を消すんです。嫌味でしょう?? すごく嫌なんですけど、やめてくれません」(サービス業)

▽ 暗黙の催促って、感じ悪いですよね。「なにか手伝えることある?」くらいの声かけをしてほしいとは思って当然です! そんなにエラそうにしてると、いつかシチューの具にされちゃいますよ!

いかがでしたでしょうか? 腹の立つ事例ということで、みなさまのうっぷんをお届いたしました。筆者も、こんなことをされたらストレスたまることは必至でしょう。バスルームにルージュの伝言してしまいます。全体的に、「遠回しな態度がいやだ」という不満が目立ちました。
たしかに、まだダイレクトに言ってくれた方が、カドが立ちませんよね。結婚生活には忍耐がいるとはいうものの、人には限界がありますよ。世の旦那様がた、今一歩、オンナゴコロへの歩み寄りをよろしくお願いいたします!!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

立羽 朝妓 Tateha Asagi

広島の山奥にある大学を卒業後、上京。
着ぐるみのスーツアクター、俳優・声優として活動後、エステティシャンとなる。
現在は、都内で劇団『タカラサガシゲキ団』の代表として、脚本・演出家として活動中。
オフに楽しむ梅酒と枝豆が何よりの至福。
暴走系ひきこもり女です。ご贔屓にどうぞ。

Twitter:@tateha_asagi
『タカラサガシゲキ団』
http://ameblo.jp/takarasagashigekidan/