スピード離婚を回避! 婚前に絶対しておくべき5つのこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2017.02.15.Wed

年々増え続けるスピード離婚。結婚から5年未満は離婚する率がもっとも高いといわれています。スピード離婚を避けるためには見極める力を養うことが大切。今日はスピード離婚を回避するべく婚前にしておくべきことをご紹介します。

1: 妥協できない部分を明確にする

結婚がしたい、という気持ちだけが先走ってしまうと、自分が本当に望んでいるパートナーかどうかを見極める直感力が弱まってしまいます。もちろん相手に伝える必要はありませんが、「結婚しても仕事は続けたい」「子どもが欲しい」などここだけは譲れないという部分を自分のなかではっきりさせておくことが大切。
結婚願望が強すぎるために大切なことを妥協してしまうと、結婚が長続きしない、もしくは二人の結婚生活がストレスの原因になってしまうこともあります。

2: 将来の夢を語り合う

叶うか叶わないかは別として、将来の夢を語り合うことは相手を知るためには欠かせないプロセス。「いつかは一軒家に住みたい」、「都会を離れて田舎暮らしがしたい」など夢を語り合うことで、お互いの価値観を探り合うことができます。

3: 互いに素直になる

恋愛には駆け引きが必要なときもありますが、結婚を前提とした本気の恋愛をするのであればゲームをする必要なんてありません。傷つくのを恐れずに自分の気持ちをストレートに伝える勇気は、誠実な恋愛関係を築くための大切な要素。自分の気持ちに素直になれば、お互いの理解をより一層深めることができます。

4: とにかく曝け出す

結婚したい一心で自分を演じていませんか? よくあるスピード離婚の原因は「出会ったときはこんな風じゃなかった」というパートナーへの失望。一緒に住み始めないとわかり合えなことは多々ありますが、せめて失望感を最小限に留めるためには、とにかく自分をさらけ出すこと。
料理が苦手、部屋が汚い、そんな弱点は一緒に住み始めたらすぐにわかってしまうこと。よく見られようと格好ばかりつけていると結局はスピード離婚なんてことも。

5: 相手がなにを求めているかを知る

相手が結婚になにを求めているかを探ることは、結婚後の意見の衝突を防ぐ大切なプロセス。仕事は辞めてほしい、将来は親と同居したいなど、無理だと思われる要求も一度籍をいれてしまうとノーと言い難いのが現実。一度お互い結婚を意識したのなら、話し難いトピックにも触れて相手の欲求を探ることでスピード離婚を回避しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr