要注意! 彼とケンカしたときに「絶対言ってはいけないこと」5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2017.01.12.Thu

彼や旦那さまとケンカしたときについイライラして「〇〇〇!!」と悪口や暴言を吐いてしまった……なんて経験はありませんか? 「あとで仲直りすればいいよね~」と油断してふと口にしてしまった言葉が、2人の仲を引き裂いてしまうこともあるので要注意。今回は、ケンカで絶対禁句なNGワードをまとめてみました。

絶対言っちゃダメ! ケンカの地雷ワード5つ

1. お金に関すること

夫婦間や同棲しているカップルのあいだでは、「お金のこと」に関する暴言を吐きたくなることもありますが……。「お給料が安いくせに!」「もっと稼いで」など相手の収入を否定するような発言は絶対NGなのだとか。軽いつもりで口にしても、2人の仲が悪化しちゃうので気をつけたいですね!

・「この安月給! と言われたときは本当にへこんだ(笑)。俺だってがんばっているのに、言われた方は本当にグサっとくるし、愛情も冷めちゃう」(33歳・マスコミ関連)

・「もっとお給料が高ければ……! とグチられたときは悲しい。2人の将来のために毎日がんばっているのにな~って」(29歳・美容師)

どんなにイラっとしてもお金のことは禁句です!

2. もう別れる!

やけっぱちな気持ちで「もういい、別れる!」なんて言っちゃうことありませんか? 男性的には「そんな気持ちで付き合っているのか」と愛を冷めさせるNGワードです。簡単に別れを口にするなんて愛されてないと思わせちゃうことも!

・「彼女はケンカすると『別れる』と言うのですが、じゃあ別れようかってなると『そういう意味じゃない!』って。なんなんだよ」(33歳・不動産関連)

・「別れるって言われたら、そんな軽い気持ちで僕と付き合ってるのかなって」(29歳・会社員)

別れるつもりがないなら、うっかり口に出さないように。

3. あなたと付き合わなきゃよかった!

頭に血がのぼって「付き合わなきゃよかった」「結婚するんじゃなかった!」と暴言を吐いてしまったら。今までの二人の関係をすべて否定するような発言に、彼との仲も冷めてしまうかもしれません!

・「付き合ったことが全否定されたみたいで、そんなにイヤなら別れた方がいいのかなって考えちゃう」(34歳・営業)

・「自分を選んで失敗したと言われた感じで、ショック」(31歳・メーカー勤務)

うっかり口にしちゃうと後悔しかない!

4. 元カレのときは良かったのに!

男性は誰かと比べられることが大嫌い。ケンカしたときに「元カレは優しかったのに」「前に彼氏は〇〇してくれたのに」と過去の思い出を引き合いに出されたら「もう無理かな」と終止符を打たれちゃうこともあるので要注意です。

・「元カレと比較されたとき、もう付き合うのは無理だなと思った」(32歳・アパレル関連)

・「前に付き合っていた彼の方がよかったなどと言われて、別れました」(28歳・会社員)

どんなにイラっとしても元カレだけは出さないように。

5. 容姿に関すること

どんなにムカついたとしても、相手の容姿を否定するような発言だけは男女ともに絶対避けたいですよね! 指摘されて直せる欠点ならまだしも、努力しても変えられないコンプレックスはご法度です。

・「元カノとケンカしたとき『ハゲ!』と暴言を吐かれたことが(笑)。今では笑えるけど、本気で傷つきました」(34歳・自営業)

・「誰でもコンプレックスを指摘されるのはイヤですよね。男女関係なく気をつけましょう!(笑)」(31歳・IT関連)

外見の悪口もうっかり口に出さないようにしましょう。

ケンカして頭に血が上って、カッとして口にした暴言が「別れ」につながってしまったら大変です! うっかり口にしてしまったら「そんなこと思ってないのに、イライラしてどうかしていたの。本当にごめんなさい」とフォローすることも忘れずに。とはいえ、口にしたあとでは修復不可能になってしまうこともあるので気をつけましょうね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net