浮気防止にも! 夫婦生活に「自由時間」が必要な4つのワケ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2017.01.01.Sun

夫婦間の愛情を健全に保つために欠かせないのが、フリータイム。夫に束縛されない「自由な時間」をつくることがラブラブを保つ秘訣なのです。今回は生活に「自由時間」が必要なワケをまとめてみました。

1:自由時間が信頼関係を構築する!

相手に束縛されない自由な時間をお互いに許容できるのは夫婦間の信頼関係がきちんと築けているからこそ。とはいえ、互いの趣味や交友関係に費やす時間を優先して夫婦の時間を疎かにするのはNG。
二人で過ごす時間と自由時間のバランスを上手に保つことも夫婦間の愛情を健全に保つための大切なポイントです。「たまには気分転換しておいで」と笑顔で旦那さまを送り出してあげることができるのが愛される妻になる秘訣。また相手を信じるという行為は浮気防止にも効果的。一方、浮気するんじゃないか、と常に旦那さまを疑い束縛ばかりしていると、男性側は家庭に癒しを求めることができず浮気に走ってしまう可能性もあるので要注意。

2:趣味や交友関係を広げて幸福度を高めよう

ある英国の研究によると、趣味を持っている人は幸福度が高い傾向にあるのだそう。どんなにラブラブカップルであっても、夫婦生活に束縛されて趣味や交友関係を後回ししてしまうと、幸福度が下がってしまうなんてことも。家に引きこもってばかりでなく、ときには新たなことチャレンジしてみたり、趣味に没頭することで幸福度を高めるのに効果的。互いの幸福度を高め、満足感を得ることは必ず夫婦関係の愛情にも好影響を与えてくれるはずです。

3:依存度が高まるほど窮屈な夫婦関係に

結婚したら二人だけの時間を思う存分過ごせる、そう夢見ていたのに、結婚したら孤独感が増した……そんな経験をしている女性は少なくありません。独身時代、デートを常に優先していた旦那さまも結婚生活が始まると仕事を優先してしまいがち。かといって、常に孤独である不満を爆発させていては夫婦関係の溝は深まるばかりです。
幸せな結婚生活を送りたいならばまずは旦那さまに依存しすぎないことが大切。自由な時間を楽しむことは、自分自身を幸せにするベース。旦那さまへの依存度を最小限に抑え、夫婦関係以外にも人生の楽しみをみつけることができれば、結婚後の孤独は回避できるはずです。

4:夫の不在に芽生える感謝の気持ち

二人でいると当たり前にできることも一人だと不安がつきまとうもの。旦那さまの不在は「日常の当たり前」に感謝するキッカケをつくってくれます。たまに過ごす一人の時間にはリラックス効果がありますが、それ以上に期待したいのが、お互いを恋しく感じるラブ効果。いつも隣にいて当たり前の人がいないという環境は寂しさとともに夫婦間の愛情を育んでくれるはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr