話していて楽しい女子はモテる! 聞き上手になるためのコツ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Risa

Written by:

2016.12.25.Sun

あなたのまわりに、いつも話が長い、自分の話ばっかりする……こんな人はいませんか。これだと、聞いている側もしんどいし、彼も一緒にいて疲れるな……と感じるでしょう。逆に、「聞き上手」な女の子は、モテます。また、雑談ができる女の子も年齢問わず、好かれますよね! そこで今回は、聞き上手になるためのコツを紹介します。

相手を「主役」にして、聞き役になる!

まずは自分が話したい、聞いてほしい! ということよりも、相手がなにを話したいのか?なにを聞いてほしいのかを考えてあげましょう。相手の表情や声のトーンでわかるのではないでしょうか。
そうすると話が「相手が中心」になるので、相手に意識が向きます。これで自分が一方的に話すこともなくなりますよね。

「人の話を聞く」というのは気持ちに余裕があるということ!

相手のことを思いやる余裕があると、人の話も聞くことができますよね。
また話を聞くとき、相手のことを肯定すると会話がはずみます。彼氏や上司と話すとき、明るく「いいですね!」「いつもがんばってるよね!」このようなプラスの言葉を言うようにしましょう。こういったフレーズは、人を気持ちよくさせますよね。

相づちをうつ!

相手が話をしているとき、目を見て明るく笑って「うん、うん」と優しくうなずいて聞く。これだけでもずいぶん印象が変わります。こうやって話を聞いてもらうと、相手は「自分の話をちゃんと聞いてもらっているな」と感じます。
また、聞き返すときも「それで?」「え?」と聞き返すと、少しキツイ感じになるので、「これは○○っていうこと?」など、やわらかく聞くのがおススメです。女の子らしく、優しい感じになって好印象ですよね。

会話のスピードやトーンを相手に合わせてあげる

相手の話すスピードや、声のトーンなどを相手によって合わせて話すと、会話がスムーズになります! 会話のペースが同じだと向こうも話しやすくなります。
また、彼と二人きりで会話に困ってしまったとき、間ができてしまい、シーン……となるのはイヤですよね。そんなときは、相手の言葉をオウム返しするのがおススメです!
たとえば「今日は寒いね」と言われたら「本当に寒いよね!」といったように、オウム返しするだけ。これだけで、共感を示すことができます。これで間も持ちますし、雑談もできるようになりますよ。

いかがでしたか。彼の表情や感情の変化に気がつき、会話を楽しむことができたらいいですよね。また数人いるとき、空気が読めなくて的外れなことを言ってしまったりしないように気をつけたいですよね。「でも……」や「だけど」といった言葉を知らない間に使っていることはないでしょうか? 無意識に相手を否定してしまっていることもあります。今日から「聞き上手」「雑談上手」になって、気持ちよくモテ女子を目指しましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Risa

メンタル、ライフスタイル、美容、恋愛などのコラムを執筆しているライターです。
女性がいつもキレイで自由にキラキラ輝いていられるように……!
そんな記事を書いていきたいと思っております。