マジで無理! 理解できないと思った過去の彼女の行動7つ【第2弾】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2016.12.11.Sun

みなさんにもこれまでに恋人の行動によってドン引きしたことって一度や二度くらい、ありますよね? 男性側も、女子の予想していなかった行動にしばしば痛い目にあっているよう。今回はそんな、理解できないと思った過去の彼女の行動を集めてみました。

「プリンセスと呼びなさい」

付き合いはじめたころ、お互いにニックネームで呼び合おうと言い出した彼女。もちろん、ニックネームで呼び合うことには抵抗はなかったけれど、彼女が提案してきた彼女のニックネームが「プリンセス」だったことには驚いた。
さすがに公衆の面前で「プリンセス」と呼ぶのはつらいと思った。

一度だって悪いことをしたことがないと言い張った

とにかくいつも被害者を演じていた彼女は「わたしはとてもいい子なの。なのにまわりはみんな意味もなくわたしにすごく意地悪なの」という演劇のようなセリフを言い放ち「みんなわたしから逃げていくけど、あなただけはそうしなかった」と言われたとき、大きな間違いを犯してしまったことに気がついた。

友だちを使って浮気性チェック

わざわざ友だちをオトリにして、僕が浮気するかしないかを確かめようとしたこと。彼女が前回の恋愛で浮気されて恐怖心があったのはわかるけれど、友だちをつかってまでそれを確かめようとするその行動がコワイと思った。

記念日が多すぎる

付き合いはじめだったのに、1週間で「ハッピー1週間アニバーサリー! あなたはわたしの酸素のような存在! あなたなしでは生きられないわ! 一生一緒にいようね」という強烈に重たい投稿をソーシャルメディアに彼女がしていたこと。さらには付き合って1週間のお祝いまでしようと言い出したときには先が思いやられた。

わたしたちの子ども?

初デートのときに彼女がいきなり「わたしたちの子ども、きっとすごくかわいいと思うの!」と無邪気にすごく恐ろしいことを言い出したので怖くなった。まだ正式に付き合いはじめたばかりなのに話が早すぎる。

スクリーンショットを駆使してケンカになるととり出す

僕のソーシャルメディアをストーキングしまくり、嫌いな投稿があるとスクリーンショットで保存。普段そのことについては触れてこないもののケンカになると突如それらのスクリーンショットをとり出し、火に油を注ぐ行動を繰りかえされたこと。

個人的に送ればいいことをいちいちソーシャルメディア上でやる

「早く会いたい!」「大好き!」などと言った僕に対する気持ちをいちいちソーシャルメディアに投稿すること。しかもそれに返信しないと激怒。さらにケンカをするとその内容をすぐにソーシャルメディア上に投稿し、公開処刑にされる。
また「男はこうあるべきだ」的な名言集みたいなのをソーシャルメディアに投稿し、いちいちタグ付けされること。

▽ 第1弾はコチラ
▽ 参考記事(海外サイト):Men Reveal What ‘Creepy’ Things Girls Do That Immediately Send Them Running

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。