「アイツ、あんなにかわいかったっけ……」男性が女友だちにときめく瞬間

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2016.11.27.Sun

「仲の良い男友だちを振り向かせたい……」そんなお悩みを抱える女性もいるのでは? 友だち期間が長くなればなるほど、恋愛に発展させるのも難しくなってきますよね。
そこで今回は「女友だちにときめく瞬間」について男性にリサーチしてみました!

イメチェンが似合っていたとき

ヘアスタイルやファッションをイメチェンするときって、女性としてもかなり勇気が入りますよね。でもそのガラリと変わったあなたの姿に、ドキドキしている男性もいるようですよ。

・ 「パンツスタイルばっかりの女友だちが、飲み会にワンピースを着てきたときはドキッとした」(26歳/営業)

・ 「ロングヘアの女子がバッサリショートにしていたんだよね。『意外と短いの似合うじゃん』なんて思っちゃいました」(28歳/メーカー勤務)

普段から一緒にいるからこそ、ちょっとした変化にも気づくことができるのでしょう。気になる彼の好みをリサーチして、ガラッとイメチェンしてみましょう!

ほかの男といる姿を目撃したとき

いつも深く考えずにふざけ合っていた女友だちが、ほかの男性と楽しそうにしている――。こんなシチュエーションに遭遇したときに、彼の心にいままでになかった感情がわいてくる場合も。

・ 「女友だちが知らない男と話していたらちょっと焦る」(24歳/アパレル)

・ 「毎日一緒にいる仕事仲間の女子が、ほかの男と仲良さそうに話しているところを目撃。なぜか『俺のものに手を出すな!』という変な気持ちになりました」(26歳/美容師)

身近にいすぎるからこそ、相手を「当たり前の存在」だと思ってしまうこともあるのでしょう。もし男友だちを焦らせたいのであれば、ほんの少しだけ男性の影をチラつかせてみても良いかも。

女性らしい一面をみたとき

重い荷物を一生懸命持っていたり、いつも元気な女友だちが人知れず泣いている姿にドキッとしてしまう男性も多いよう。「やっぱり女子なんだなぁ~」と相手を意識してしまうんだとか。

・ 「いつもは強気な女友だちが彼氏に振られて泣いていた。『彼氏のこと本当に好きだったんだな』と思ったらなんだかグッときてしまった。その姿を見てから急に女友だちが気になるようになりました」(25歳/アパレル)

・ 「高いところに手が届かずに困っている女友だちにキュンとしたことがある(笑)」(26歳/食品)

なんでも自分で抱え込むのではなく、たまには男友だちを頼ってみましょう。きっと彼も嫌な気持ちはしないはずですよ。

「相手のことをなんでも知っている」と思っていたからこそ、意外な側面に思わず心が揺れてしまうのかも。ギャップを武器にして、男友だちをドキドキさせちゃいましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:kazu367a@gmail.com