長く付き合った人の特権! 彼のことが好きなのだと再認識する瞬間6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2016.11.19.Sat

彼とはもう数年来のお付き合い。「最近マンネリかも~! あぁ、トキメキが欲しいなぁ!」なんて言っていても「そんなこと言っても、やっぱり彼が好き!」と感じる瞬間がちょくちょくあるから、お付き合いをしているわけで……。
今回は“やっぱり彼のことが好き”なのだと実感する瞬間あるあるについての内容です。

1: 気づけば彼のことを考えているとき

たとえばウインドウショッピング中に彼に似合いそうな服やバッグを見つけたとき、オシャレなカフェを見つけたとき、おいしそうなラーメン屋さんの前を通りかかったときなど――彼のことばかり考えているということにふと気がついたとき。「あぁ、やっぱり彼のことが好きなんだな」と感じる人が多いみたいです。

2: 嬉しい瞬間、悲しい瞬間を共有したいとき

基本的に、女性は話を聞いてもらいたい生き物です。それが好きな人ならなおさら。「今日こんな嬉しいことがあったの!」とか「今日こんな失敗しちゃってね……」なんて話を彼に聞いてもらいたいと思ったときも、彼のことが好きなのだと実感する瞬間だといえるでしょう。

3: ケンカをして悲しくなったとき

ケンカをするとイライラしたり、悲しくなったりするものです。彼と大ゲンカになって、ひとりぼっちでいるときに「こんなに悲しくなるのは彼のことが好きだからなんだろうなぁ」と痛感したり……。
たしかに、どうでもいい人とはケンカにもならないですもんね。

4: 一緒にいて安心するとき

トキメキたいとか、ドキドキしたいなどと言っていても、やっぱり最終的には彼と過ごす時間の安心感のほうが勝るものなんですよね。

5: 無性に会いたくなったとき

とくになにがあったわけでもないのに、彼に会って甘えたくなることはありませんか?
急に彼に会いたくなるというのは、きっと彼のことを心の底から愛おしく思っているからなのでしょうね。

6: 毎日が楽しいと感じるとき

彼とお付き合いをする前よりも今のほうが楽しいことに気づいたときに、なんとも言えないほど幸せな気持ちになる人も多いはず。
大好きな彼と過ごす時間は、あたたかくていいものですものね~!

いかがでしたか?
「わかるわかる!」と共感していただけたものも、けっこう多くあったのではないでしょうか? あらためて見ていくと、日常のそこかしこに愛情を再確認するための材料が転がっていそうですね。せっかくの材料をスルーせず、定期的に彼への愛を再確認して、マンネリなんていうつまらない感情に流されないようにしたいものですね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子