デート中の沈黙を味方に! 彼をドキドキさせちゃう裏技4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2016.10.02.Sun

付き合い出したばかりの頃はデート中(不覚にも)沈黙になってしまい、気まずい空気が漂ってしまうなんてことも“あるある”だと思います。そんなときには慌てず怯まず、沈黙をうまく味方につけて彼氏をドキドキさせてしまいましょう。
そう、ピンチはチャンスに変えられるのですから!

1: 「沈黙+視線」を味方につける!

話す内容が見つからないなら、無理に話題を探す必要はありません。それよりも彼のことを、ただ“じっと見つめて”みてください。あなたの視線に気づいた彼は、きっとそわそわしてしまうことでしょう。
せっかくのデートなのですから、無理矢理に会話を探して“笑いにはしる”よりも、今しか味わえないドキドキ感を存分に楽しみましょう!

2: 「沈黙+余裕」を身につける!

ガチガチに緊張をし過ぎていると(逆に)頭が真っ白になってしまいます。そのせいで沈黙の時間が長くなってしまったり……。
だからこそ「なんとかなるでしょ、沈黙になってもいいや!」と“沈黙をも楽しんでやるぞ”くらいの心意気で、リラックスしてデートにのぞむのがベター! 緊張しているのは彼も同じで、あなただけではないということです。
基本的には彼におまかせしつつ、デートを楽しむことに集中すれば「緊張したけど楽しかった! 彼女って、サポート上手ですごく気が効くんだな!」と、彼に胸の高鳴りを感じさせることができるはずです。

3: 「沈黙+ハニカミ」で乗りきる!

「なんか沈黙って気まずいよね?」と、はにかんだ笑顔を彼に向けてみてください。控えめながらもかわいらしさを感じさせる仕草と表情に、彼がノックアウトされるのは必至です。自分からグイグイとリードする必要は一切ありません! いつの時代も、控えめな女性の方がモテるということです。

4: 「沈黙+ムード」が最強!

お互いを意識しすぎて話せなくなっているようなときには、手を握ってみるとか腕を組んでみるなどのボディータッチで現状打破を試みましょう。カップルらしいキッカケを、自ら作ってみるのも沈黙を打ち破るひとつの手です。

(経験上ご存じかもしれませんが)お付き合いを長く続けていけば、そのうち沈黙さえも心地いいと感じる瞬間が必ず訪れます。
沈黙が気まずいなんて思うのは良くも悪くもお互いに気を許す前(付き合いたての頃)だけなので「あの頃は~……」などというように、その後の話題として楽しむためにも、付き合いたての頃は存分にドギマギしておくのも“おおいにアリ!”なのかもしれません!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子