うまくいっているカップルが絶対にやらない7つのこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2016.08.29.Mon

いつも波乱万丈な恋愛ライフを送っているというあなた。きっとそんなあなたは、浮き沈みなく仲良くしているカップルたちが絶対にやらないことを完璧にやりきっているかもしれません。
今回はそんな、うまくいっているカップルが絶対にやらない7つのことをご紹介します。

1.昔のケンカをむしかえす

どんなにそのケンカの内容がムカつくものだったとしても、解決したケンカを蒸し返さないこと! 何回相手が自分に対してムカつくことをやったらいちいち数えているような恋愛は、健康的ではないうえに、解決したように見えてそこから前に進めていない自分がいる証拠なのです。

2.適当に謝る

ケンカをさっさとおさめたいがために本当は悪いと思っていないけど、形上適当に謝ってすませようとする人がいます。相手に間違いなく否があるにも関わらずこちらが謝ってしまうと、相手は間違いなく何度もその嫌なことを繰り返すのです。

3.相手の悪いところを指摘する

もし彼が仕事で昇進できなかったとき、彼の注意不足や責任感のなさを指摘するようなネガティブな発言をしないこと。いつだってポジティブな方向で考えることをお互いに心かけ、昇進できる方法を一緒に考えてあげること、できると信じてあげることが重要なのです。

4.相手の人生を否定するようなことを言う

相手の自信を傷つけたり、人生を否定するようなことは絶対に言わないこと。ムカつくことがあったとしても、彼の欠点に結びつけて明らかに意地悪なことを言うようなことはないのです。コミュニケーション能力に欠けている恋人を否定して、「だから友だちがいないのよ!」なんて否定はしてはだめです。

5.ソーシャルメディアに相手の悪口を書く

ケンカをしたりしたとしても、相手の悪口を知り合いが見ることができるようなソーシャルメディアに書いたりはしないこと。彼が罰を受けて当然というようなことをしたとしても、知り合い全員に知らせる必要はありません。
それに、周囲の人たちに恋人の悪いところをさらしたところで「じゃあなんでそんな最低な人と付き合ってるの?」といったかたちで自分のレベルの低さを露呈するだけなのです。

6.「恋人がすべて」という生活をする

恋人がいなくなったら人生にはなにも残っていないといったような、恋人なしでは生きられない生活をしないこと。自立した2人がお互いに愛し合っているという形が最も健康的な恋愛のカタチといえるのです。

7.謝らない

自分の否を認めず、謝らない姿勢を貫くことって自分にとっても相手にとってもなにもいいことはないんです。でも自分のプライドや恥を考えすぎて謝ることができなかったりするもの。自分が悪いことをしたという事実は自分が一番わかっているはずなんですけどね。

▽ 参考記事(海外サイト):9 things couples in healthy relationships never do

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。