夫への不満はこうして改善する! 離婚を回避して夫婦仲を変えるテクニック5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2016.07.29.Fri

新婚当時はラブラブだったものの、年数がたつにつれ相手のいろいろな面が見えてきて嫌になった……という夫婦は少なくありません。
著者のまわりの結婚5年~8年目の既婚女性10人に「夫に対して不満はある?」とアンケートをとったところ、不満があると答えた人は10人中7人もいることが判明しました(平均年齢30代で多すぎです……汗)。
3組に1組が離婚すると言われており、もっとも多い理由が性格の不一致という現代。離婚を避けるためには、夫婦仲をさらに深めるためにはどうすればいいのでしょうか?

夫へのイライラがとまらないのはこれが理由!?

実際に回答いただいた不満のなかから世の中の夫婦トラブルでありがちだな~と思うもの5つの回答をセレクトしました。不満をもとに解決法をお伝えしていきます。

【不満1】会話がなくなった

「話しかけても、『うん。あ、そう』など一言で返されるので会話がなくなった」(Yさん・結婚6年目・子ども2人)

【解決法】
聞いてもらって当たり前と考えず、まずは会社の上司にうかがうように「今5分お話いい?」と尋ねてみましょう。時間を限定されると「聞かなくてはいけない」という心理になるため、流されず会話が続きやすくなります。
また、目の前ではなく隣に座って同じ方向を向いて話すと会話が弾み、本音を聞き出せます。

【不満2】家政婦扱いされる

「なにをするにも『あれ持ってきて』『あれどこ?』って、私は家政婦か!」(Nさん・結婚8年目・子ども1人)

【解決法】
決してイライラせず、優しく……けど思いっきり「知らないわ」と言ってみて? 毎回頼られてしまうときは、わからないから自分で探してみてとキッパリ言うことも大切。頼られる回数が減ると、たまに頼られることが嬉しくなりますよ。

【不満3】子どもの世話をしてくれない

「休みの日なのに子どもの世話をしてくれない!」(Sさん・結婚5年目・子ども1人)

【解決法】
まず、自分が子どもと過ごす時間を楽しんでみてください。そして子育てが大変だから手伝って! ではなく、自分が子どもと過ごす時間が楽しい…だからあなたにも楽しんでほしいという考えを伝えてみましょう。

【不満4】毎日の夕飯問題が解決しない

「仕事で遅くなるのに連絡がなかったり、夕飯の用意をしたら急に飲み会になったり……ちゃんと連絡して!」(Aさん・結婚5年目・子ども2人)

【解決法】
夫婦トラブルのあるあるですよね。○○時を越えたらご飯は抜きというルールを決めておきましょう。決めておくことで、本当に夕飯が必要な場合は連絡がくるでしょうし、自分自身も「夕飯はどうするのかしら?」というソワソワ感から解放されます。

【不満5】だらしない姿がイヤ……

「休みの日に遅くまで寝ていたりゴロゴロされて……その姿がもうアウト!」(Yさん・結婚7年目・子ども2人)

【解決法】
どんな夫でも会社でゴロゴロしているわけがありません。心が解放される家だからこそリラックスしているのです。夫の心の帰る場所を作るのも妻の仕事。
「午前中はゴロゴロしてもいいけれど午後からは掃除をしたいor一緒にお出かけしたい」など、時間を割り振って誘導するように伝えてみては?

夫を変えずに自分が変わる!

夫へのイライラは愛情と期待の裏返し。期待をするぶん、それが叶わなかったとき、イライラしていませんか? なので、「夫を変えたい・変わってほしい!」という考えではなく、自分の考えを変えた方が簡単ですしうまくいきます。
さらに自分が変わることで、夫も少しずつ変わっていくため、結果、夫婦仲を深めるきっかけになりますよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/