全力で回避したい! 何年たっても続けていきたい“カップルマンネリ防止策”

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

付き合ったばかりの頃は、なにをするのもどこに行くのも楽しくて仕方がない状態。どうでもいいことでもアハハと笑って幸せを感じていたのではないでしょうか。ですが時間がたつと、相手が話していても別のことを考えていたり、めったに手をつながなくなったり、なにもかもが“あっさり”してしまうんですよね……。
落ち着いた関係と前向きにとらえられるなら問題ありませんが、二人して「マンネリ」と感じているのなら早急に対応が必要かも!
そこで今回は、何年たっても続けていきたい“カップルマンネリ防止策”をご紹介してまいります。

定期的にセックスをする

どうしても二人の関係が落ち着いてきてしまうと、ベッド上でも交わる機会がなくなってしまいます。いわゆる“セックスレス”の状態におちいると、おたがいにモヤモヤとした日々を送ることになるでしょう。ましてや彼は男性ですから、きっと女性以上にいろいろな不満がたまっている可能性も……。
マンネリを感じているからこそ、定期的にセックスをすることが必要になってきます。たとえば、毎週末は一緒に過ごすと決めているなら「週1」、なかなかお互い忙しくて会えないなら「月1は絶対」と、頻度を決めましょう。とくになにもしないままあっという間に半年が過ぎないように気をつけて。
なかなかおたがいそういう気持ちになれないなら、旅行に行っていつもとは違う場所に身をおくのもマンネリ防止策といえますよね。

ボディタッチを大切に

たとえば付き合って3年以上になってくると、カップルというよりも夫婦に近しい関係(空気)になってきます。付き合ったばかりの頃は、できるだけ彼の側から離れたくないと思ったりするものですが、何年もたってくるとわざわざ手をつなぐ意味すらわからなくなってしまったり……。
でも、できるだけマンネリを回避したいなら、セックスと同様にボディタッチも同じくらい大切にして! カフェで休憩していてお手洗いに立つときに、さりげなく彼の肩をポンと触ったり、電車に乗っているときにピタっと寄り添ったり……。ガツガツではなく、お上品と思える範囲でボディタッチをしてあげれば、彼もきっと喜んでくれるでしょう。

話し合いを定期的に

一緒に暮らしているならまだしも、それぞれ別々の場所に住んでいて週末だけしか時間がとれない場合、おたがいに1週間を乗り切るだけで精一杯になってしまうもの……。本当は彼にもっと会いたいと思っていても、彼は会うどころかまともに連絡すらしてくれない! なんて場合もじゅうぶんあり得ますよね。
小さなイライラやモヤモヤをためているのは、あまり状況的によくありません。でも、定期的に話し合う機会をもうけていれば、かりに衝突してしまっても復旧するまで、そこまで時間をかけずに乗り越えられるはず!

いかがでしたか? どんなに頑張ってもマンネリ期間には突入してしまいます。ただなにもしないままだとお別れする確率は高くなってしまいますよね。おたがいにマンネリを感じながらも、なんだかんだ二人でいるときが一番幸せだよねと思えたら最高! 彼とも話し合いながら、ルールや習慣を見直してみましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

山口 恵理香(やまぐち えりか)

WEBライターとして活動中。90年生まれ。
得意ジャンルは恋愛とライフスタイル、ファッション、ビューティーなど。
モットーは「瞬間を生きる」。現在、googirlのほかにAppwoman、TRILL、GODMake、コスメ二スト、サプリ、Ciel、マイナビティーンズなど20媒体以上で執筆中。
記事を読んでいただいた皆さまの背中をそっと押せる書き手であり続けたいと思っています。