恋から遠ざかっていた人のための恋愛リハビリルール5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2016.05.03.Tue

しばらく恋から遠ざかっていたけど、そろそろ恋愛市場に復活したい! という野望をお持ちの方も少なくないでしょう。せっかく新しい恋を目指すなら、ちゃんと幸せをつかみたいものです。
そこで今回はひさびさに恋愛しようという人にささげる、恋愛リハビリルールなるのものをご紹介します!

ルール1: 彼の気持ちを深読みせず素直に信じる

ひさびさの恋愛に盛りあがってしまう妄想女子にならないよう、よーく気をつけましょう。彼の言葉や行動、そのひとつひとつに一喜一憂して、その本心を分析しようとやっきになったり……頭のなかで妄想がどんどん膨らみ、世の中に溢れる“恋愛ハウツー”に頼ろうとしがちです。
でもあなたと彼の関係性については、あなたが一番よく知っているはず。彼の気持ちを深読みしようと疑心暗鬼になったりせず、彼のことを素直な気持ちで信頼してみましょう。

ルール2: 彼好みになるため過剰な努力をしない

意中の彼とついにお付き合いがスタート。ひさびさの恋愛テンションが高くなってしまい、ついついなんでも彼の言うまま、思うままに振舞ってしまっていないでしょうか。
ひさびさの恋とはいえ、“彼好みの女”になりきる必要はありません。彼にお似合いの素敵な女子になりたいと女磨きに励むのは決して悪いことではありませんが、自分らしさを失ってはハッピーな恋愛にはなりません。自分のキャリア・ライフスタイル・趣味などを、彼に合わせるために無理やり変えたり、あきらめる必要はないのです。

ルール3: 友情をおろそかにしない

ずっと同じメンバーでつるんでいた女友だちなのに、彼氏ができた途端ぱたりと付き合いが途切れた……なんて経験ありませんか? それって友だちとしてすごく残念なことですよね。恋はもちろん大事ですが、それがすべてとなってしまうのはとてもキケン。
自分の精神的ニーズをすべて彼に満たしてもらおうとするのは相手にとってもプレッシャーになるし、いわゆる“重たい女”と感じられてしまうだけです。恋愛依存症にでもなってしまったら、なかなか立ち直れません。恋愛を充実させたいのなら、それ以外の人間関係も大事にすること。それが円満カップルの秘訣でもあります!

ルール4: フォーカスすべきは“より良い関係”

アラサー世代になってひさびさにつかんだ恋のチャンス。次のステップはもちろん同棲、そして結婚……なんて期待と夢をふくらませていないでしょうか?
でもそうやって“ゴール”を目指すことばかり考えていると、一番大切なことを見失ってしまいがち。それはやはりなんといっても相手との関係です。「この人とどうすれば、もっといい関係になれるか?」「おたがいがより快適に過ごせるようになるか?」――というように、今現在の彼との関係をつねに最優先で考えていきましょう。
同棲・婚約・結婚はその過程で、自然と視野に入ってくるべきもの。あまり早くから意識しすぎるのはキケンです。

ルール5: ポジティブマインドを忘れない

恋愛を楽しみたいなら、ストレスを抱え込まないことが大切。ストレスがあればあるほど不安・心配・疑いがどんどん大きくなって、あなたの心を曇らせてしまいます。
男性だって恋人に求めるのは、ストレスでネガティブオーラの塊となっているような女ではなく、一緒にいて心が明るくなるような女性のハズです。もちろん恋愛をしていれば、悩みや心配はいくらでも出てきます。でもそれらに支配されないで、前向きなポジティブマインドを持ち続けることを忘れないようにしましょう。

▽ 参考記事(海外サイト):8 Basic Rules for a New Relationship

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。