恋愛ベタ女子に告ぐ! 恋のあれこれを考え過ぎるのは今すぐやめて!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2016.04.30.Sat

誰だって幸せで素敵な恋がしたい! 確かにその通りです。でも恋愛ほど思い通りにならない、努力しても報われないと感じる方も多いでしょう。恋愛ベタを自認し、せっかくのチャンスを逃がしたり、新しい恋に踏み出せなかったりしませんか? でもそれではますますハードルは高くなるばかりです。
恋愛は、あなたが考え込むほど複雑怪奇で難しいことではありません。今回は“自分は恋愛に向いていない”と悩んでしまうすべての女性読んでいただきたい、応援コラムをお届けします。

世の中の多くの女性が犯している、恋愛の初歩的なミスとは?

海外の恋愛コラムニスト、エリック・チャールズさんによれば、世の多くの女性たちが恋愛で犯しているミスがあると言います。それは彼の言葉によれば、“エモーショナル・ディテクティブ”というもの。気になる男性の気持ちについて、まるで探偵のようにあれこれ推理を巡らしている状態を指しています。
皆さんもきっと身に覚えがあるはずですが、気になる彼ができた途端

“彼は私のことどう思ってるんだろう?”
“あのメールの本当の意味は何? 私のこと少しでも好きなのかな?”
“彼は忙しいって言ってたけど、本当なのかな? 他に好きな子いるのかな?”

などもんもんと考えをめぐらしたりしませんでしたか? 彼に問い正したりすることはないので、これらの疑問はすべて脳内妄想にすぎません。でも彼の気持ちが気になるあまり、彼の一言を過剰分析したり深読みしようとしたりと、考え過ぎてしまうのです。
こうなると彼とのリアルなやりとりより脳内妄想がどんどん大きくなって、その妄想内容だけで一喜一憂するようになります。彼のことをよく見つめているようで、じつは全然見えていない状態になってしまうのです。

男女の恋愛のテンションは違う

つまり、完全な自己陶酔のワールドにおちいってしまうのです……。もちろん彼は、あなたの心のうちでそんなドラマが展開しているなんて知る由もありません。相手を見ないで、自分の世界だけで完結してしまう……これでは恋愛のテンションが食い違ってしまいます。
女子は恋愛についてあれこれ考えるのが本当に大好きですね、だからこそ女性向けサイトには必ず恋愛にまつわるものが欠かせません。でも20代、30代の男性向けサイトでは大きなウェートを占めるのは仕事・趣味・スポーツなど。もちろんセックス関係のものもありますが、これは女子の考える“恋愛”とは必ずしも一致するものではないでしょう。

オトコって、あなたが思うほど複雑な生き物ではありません!

男性一般について言えば、彼らは恋愛についてものすごく複雑な思考回路を持った存在ではありません。気になる女性がいたら“いいな”と好感を抱くし、興味のない女性についてはまったくスルーとじつにさっぱりしたもので、女性が必死になって考えるような“心理分析”などほとんど必要ないのです。
彼の気持ちや本音を逐一読み取ろうとする、あるいは探らずにはいられない、そんな習性がじつは一番恋愛を厄介なものにしているのではないでしょうか。

恋愛がうまく進むためのシンプルな秘訣とは?

考え過ぎが恋愛にとってとてもキケンなのは

“人は見たいものを見ようとするし、事実に対しても自分にとって都合のいい解釈をしてしまいがち”

だから。つまり希望的観測がどうしても強くなるのです。例えば不倫にはまりやすい女子は相手が既婚者なのに、“妻とはもう終わってるから”という言葉を簡単にうのみにします。「じゃあ次は自分だけを見てくれる」なんて思い込んでしまうのも、きっとそんな心理作用が働いているのでしょう。
では恋愛がうまく進むためのシンプルな秘訣とは何でしょう。前述のエリックさんによれば、

・ 彼はあなたをセクシーで魅力ある存在だと思っていると信じ込んでみる
・ 彼と仲良くなり、カップルになれると強く思い込む

ことだと言います。つまり、楽観的にポジティブにとらえるのが一番だということ。でも恋の始まりでもっとも大事なのは、そんな“彼とはきっとうまくいくに違いない”という理屈を超えた直観なのです。
疑心暗鬼も、考え過ぎも今すぐおしまい! “きっといい恋ができる”と自分で強く信じることこそ、今のあなたにもっとも必要なことと言えるでしょう。

▽ 参考記事: Ask a Guy: Signs a Guy Likes You

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。