賢い女になってみせる! 「男を立てる」ためにすべき3つのこと!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

最近は男性に負けないくらいガツガツと働いている女性も増えてきました。女性は働きながらも合間には家事をして、必要ならば資格勉強をして……と、とても「やりくり上手」。仕事とプライベートの両方が充実してくると、どうしても我が強くなって彼に対しても強く当たってしまうのでは?
でも、これからも彼との関係を続けていきたいと思っているなら、そのままだとマズいかも!?  他の女に走られる前に、男を立てる努力をしてみましょう。今回は、「男を立てる」ためにすべき3つのことをご紹介してまいります。

とにかくほめまくる!

彼のプライドを満たすためには、とにかくほめまくりましょう。たとえ内心は頼りないと思っていても、ちょっと気を遣ってくれたり、自分の代わりに何かしてもらったときは「ありがとう」とそっけなく伝えるのではなく、「助かった!」「さすがワタシの彼氏」と、もうひと言、ふた言つけることで、彼はとてもワクワクした気持ちになれるはず。
まさか「頼りない」「当てにならない」「支えになってくれない」と、彼を傷つけるような発言をしていませんよね? 彼がそこまで不真面目な性格でない限り、お付き合いを継続するメリットはあります。くれぐれも、自分がとった言動で、彼に別れを決意させないように気をつけて!

悩んだときは彼に相談

仕事や人間関係で悩んだとき彼が弱々しいタイプだと、どうしても「相談しよう」という気持ちにはなれませんよね。結局、1人で解決していくわけですが、彼も彼で、きっとあなたの深層心理に気づいているでしょう。そんなチグハグな関係を続けていても、2人のためになりません。
「男を立てる」行動をしたいと考えているなら、たとえ、こちらが求めているアドバイスをもらえなくても彼には相談してみて。誰だって頼りにされると嬉しくなって、ついカウンセラー気どりであれこれと余計なことまで話してしまうもの。
それでも最後は「ありがとう、きいてくれて」と伝えれば、彼の自尊心も満たされていくでしょう。

話し合いをするときは彼の意見を否定しない

ときには2人の間に問題が発生して、時間をかけて話し合わなければいけない場合もありますよね。お互い感情的になると、どうしても話し合いがただのケンカになってしまいがちですが、あくまでも、張り合うために話し合いの機会をつくってわけではないはず。自分の意見が絶対に正しいと思い込んで押し通そうとすると、彼も同じように戦闘態勢で臨んでくるでしょう。
こういうときこそ、男を立てることが大切。彼の意見を真正面から否定せず「そういう意見もあるよね」と、自分なりに受け止めてあげて! また、話し合いをしていると、彼が沈黙を続けるときもあるでしょう。そんなときも、沈黙を破るようにこちらがペラペラと話すのではなく、彼が話しやすいように「どう思うの?」と、会話が再開しやすい環境を整えてあげると、ヒートアップせずに済みますよ!

いかがでしたか?
今年こそは彼と衝突する頻度を下げるためにも「男を立てる」ことを覚えておきたいところ! くれぐれも、真反対な行動ばかりとらないように注意しましょうね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

山口 恵理香(やまぐち えりか)

WEBライターとして活動中。90年生まれ。
得意ジャンルは恋愛とライフスタイル、ファッション、ビューティーなど。
モットーは「瞬間を生きる」。現在、googirlのほかにAppwoman、TRILL、GODMake、コスメ二スト、サプリ、Ciel、マイナビティーンズなど20媒体以上で執筆中。
記事を読んでいただいた皆さまの背中をそっと押せる書き手であり続けたいと思っています。