多忙カップルに捧げる、「ふたりだけの時間」の作り方

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2016.03.30.Wed

カップルなのに、仕事や趣味などほかにもやることがいろいろあって、ゆっくりふたりだけの時間がなかなかとれない……ということはありませんか? そんな生活スタイルはすれ違いの原因にも……。そうならないためにきちんと時間を作ることは、良好なカップル関係を保つためにも不可欠です。
そこで今回は、多忙カップルがどうやってふたりの時間を作ればよいかのヒントをまとめてみました。

毎日15分でもいいので、ふたりだけでじっくり話す時間を確保する

ふたりのすれ違いを避けるには、毎日きちんとコミュニケーションをはかって、お互いどんなことを考えているのか話し合うのがベストです。でも忙しいとまとまった時間をとるのが難しいと思って、このシンプルなことすら忘れてしまいがちです。
しかし、1日15分くらいならなんとかなるのではないでしょうか? けっして長い時間ではありませんが、それでも今日の出来事や近況くらい手短に話すにはじゅうぶんです。どんなに短くても、そんな時間がまったくないというよりははるかにマシ。あまり高い理想や目標を設定せず、現実的なところから実践していきましょう。

夜はすれ違いが多いなら、朝の時間を充実させる

仕事や飲み会などで夜はすれ違ってばかり、あるいは「恋人とはやっぱり夜ゆっくりすごしたい」と思いつつ一緒に時間をすごせないという方は、朝に二人だけの時間を作ってみてはいかがでしょう? 海外の調査では、夜ではなく朝セックスをしているカップルは幸福度が高いという結果も。
1日のスタートを愛するパートナーとの営みではじめることができれば、そのハッピー感はその日ずっと継続するというのです。朝愛し合ったり、カフェのようなステキな朝ご飯を用意してふたりで楽しんだり……いわばカップルとしての“朝活”をしてみるのです。ロマンティックな時間は夜に……という先入観を捨ててみれば、朝のすごし方も変わってきませんか?

1週間に最低1度は家の外で“デート”する

あまりにも忙しい生活だと、家のなかではダラッとしたまま……ということになりかねません。それではあらたまって、パートナーと密度の濃い時間をすごそうという気分にもなりにくいですよね。ですから1週間に最低1度は家の外で、ふたりで“デート”することをおすすめします。
もちろんおしゃれなレストランである必要はありません。近所のカフェやコーヒーショップ、居酒屋など手軽なところでよいのです。大事なのは会話に100%フォーカスできるような環境に身を置き、ふたりで時間をすごすこと。スペシャル感はなくとも、しっかり向き合って話ができる……そんな時間こそが、多忙カップルの絆をしっかり結びつける働きをしてくれます。

まとめ

愛し合っていればなんとかなる、というほど恋愛は甘いものではありません。今の関係もしっかりと “メンテナンス”をしなければ、お互い同じように愛情テンションを維持するのは難しいのです。“忙しい”を言い訳にしないで、パートナーとちゃんと向き合う時間を作ることを忘れないでくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。