「まだかな??」……彼がプロポーズしてくれない、その原因とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2016.03.28.Mon

付き合ってずいぶん経つのに、彼からまったくプロポーズの気配が感じられない……そんな不安を抱えていませんか? 彼は将来のことをどれくらい考えているのだろう、いつまで待てばいいの――とやきもきしてしまいますよね。でも彼だって決して考えていないワケではないはずです。
ではなぜ彼はプロポーズしようとしないのか、そんな微妙な男性心理に迫ってみたいと思います!

女性側の“焦り”を敏感に感じとっている

結婚に焦りは禁物、そんなことは百も承知でしょう。でもそうはいっても、言葉の端々に「結婚」の二文字を匂わせていたりしないでしょうか。既婚者の友だちの生活をうらやましがったり、まわりはどんどん結婚してさみしいと話したり……自分では意識していないつもりでも、彼のほうはあなたの焦りを敏感に感じとっていることがあります。
焦って結婚を迫る女性ほど、男性にとって重たい存在はありません。敬遠されるだけです。それよりも「結婚できたらハッピー! でも今のままでも私は十分幸せ」――そんな気持ちでいるほうが、彼もプロポーズの決意をかためやすいでしょう。

男として、心の準備ができていない

彼がプロポーズしてくれないのは、なにか自分に足りないものがあるんじゃないか……と自分を責めて悩んでしまう人も多くいます。でも必ずしもそうとは限りません。相手の女性になんの落ち度がなくても、結婚の決心がつかない男性もいるのです。その大半は、まだ結婚に向けて心の準備ができていないから。
つまり“タイミング”が合わないのです。結婚というのは、社会的にも大きな責任をともなう決断なので、そううかうかとはできません。自分の仕事や経済力に自信をつけてから……と考えているまじめな人もいるでしょう。
「じゃあ、いつになったら準備ができるのか」と言われれば、それも完璧なタイミングを求めていては、いつまでたってもチャンスは訪れません。どこかであなたが背中を押してあげる必要がありそうです。

プロポーズしたいと思っているけど、拒否されるのが怖くて踏み出せない

男性のハートは私たちが思うよりはるかに繊細なのかもしれません。彼女のことは大好きだし、ずっと一緒にいたい、結婚したい――そこまで思っているのに、プロポーズできないのは、ずばり「断られるのがこわい」から……。
そう、付き合っていればこそ、いざプロポーズして断られたとしたら、もう生きていけないほど立ち直れないと考えてしまうのです。そんな彼らは、以前じつはプロポーズをして断られた経験があるのかもしれません。
もし普段から彼といて、「いまいち押しが弱いな」と感じていたら、女性側からプロポーズするのもアリです!

まとめ

いかがでしょう。“お互いなんとなく”と曖昧にしたままだと、どんどん時間だけがたっていってますますタイミングを逃してしまうことも。アラサー世代なら、お付き合いしてほぼ1年くらいたったら、結婚の意思くらいはお互い確認しておくべき。
あなたは結婚したい意思があるのに、彼にまったくその意思も気配もないとしたら、うかうかと時間をムダにはできません。結婚の話をタブー視してお互いなんとなく避けていると、ますます話を持ち出しにくくなるものです。幸せになりたいなら、自分が求めていることをはっきり意思表示させることも大事ですよ!

▽ 参考記事: Why hasn’t he proposed yet? Relationship expert reveals the six reasons your partner is holding back (and your needy behaviour could be to blame)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。