見抜かれてるよ~! 男性もウンザリの猛攻・女子力アピール発言7つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2016.03.22.Tue

好きな人の前だと、ついついやってしまう「女子力アピール」。でもそのアピール方法、本当に正解なのでしょうか?
そんなわけで今回は、はっきり言ってもうウンザリガッカリ……そんな猛攻・女子力アピールについて、つらつらと書いていくことにします。ぜひとも今後の参考に!

1: 「料理作れるよ」アピール

男性は家庭内の仕事(とくに料理)は女性の仕事(つまり、できて当たり前)だと思っている人も多いので、あまりセールスポイントにはならないうえに、やりすぎると「こいつ女子力アピールに必死なんだな」とあわれみの眼差しを向けられることも。

2: 「掃除が得意なの」アピール

先にも書きましたが、男性は家庭内の仕事は女性ならできて当然だと思っています。それに、掃除というのは健康で快活な生活を営むうえで絶対不可欠な行為。好き・嫌いという次元でアピールすることじたい「お門違いだよな」と思われ、冷めた目で見られているかもしれません。

3: 「パンケーキ大好き」アピール

お高いパンケーキを食べるために長蛇の列をつくることは、彼らからすれば「どう考えても、それは女子力ではない」のです。

4: 「子ども大好き」アピール

「それで仕事が保育士さんとか幼稚園教諭とかならわかるけど……」本当に子どもが好きで、このように発言していることだってあるのですが、彼らからすれば限りなくウソっぽいのかもしれませんね。もしどうしてもアピールしたいなら、わざわざ声にだして言うよりも“ほほえましそうに見守る”程度に留めておくのが無難そうです。

5: 「動物カワイイ」アピール

「本当にそう思っているのか、それとも計算か――そのくらいはわかる」のだそう。声のトーンや声を発するのにかかる時間、口元の動きではかることができるという男性もいるようですが、いやはやどこかでメンタリズムでも学んできたのでしょうか。

6: 「わたし少食なの~」アピール

食べないことと女子力は「イコールではない」とのことです。じゃあ大食い女子のほうがいいのかというと、別にそうでもないみたい。簡単にまとめると、大食いだろうが小食だろうが関係ないのでしょう。

7: 「お世話大好き」アピール

たとえば飲み会で“とりわけ部・部長”みたいな女性がいますが、度がすぎると「自由に食べさせてくれよ」とうんざりされてしまいます。もしくは「ムリしなくていいよ」と思われているかもしれません。なにごとも、ちょうどいいさじ加減を見つけることが肝心なようです。

ざっと書き出しただけでもこんなにありました。ほんっとに、女子力って難しいですね……。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子