恋愛における彼と彼女の“ニーズ”はこんなに違うんです!! というお話

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2016.02.28.Sun

せっかくの恋愛なのだから、愛し合ってハッピーな関係を続けていきたいものです。でも実際には、彼の本音がわからなかったり、意思疎通がうまくいかない……そんなことがありませんか? それはずばり、男女の恋愛における“ニーズ”の違いをよく理解していないからなのかもしれません。
お互いの恋愛に求めているものがなにかわからなければ、相手のニーズも満たしようがありません。そんなことから誤解や不満が生じてしまうようです。まずはこうしたニーズの違いをはっきりと意識してみませんか? ではその違いとは何か、みていきましょう。

恋愛全般において彼女が求めるのは“愛情”、彼が求めるのは“リスペクト”

愛し合っている二人なら、なんでもうまくいくというほど恋愛とは甘いものではありません。ひかれあっているとはいえ、恋愛そのものに求めるものが男女では大きな違いがあるのです。
女性がもっとも価値をおくのは何といっても“愛情”。相手が自分のことをちゃんと愛し、魅力的だと感じていると実感したい生きものなのです。
もちろん男性も愛情を求めていますが、もうひとつ重要な要素があります。それは“リスペクト”。“愛してる”という言葉だけでなく、パートナーとして尊敬され、必要とされているという実感があってこそ、恋愛にもより自信を深めるのです。
この意識の違いをはっきりと自覚している人はおそらく少ないでしょう。でももし彼にもっと頼もしい存在になって欲しいと願うなら、普段から“ありがとう”や“○○してくれて本当に助かるわ”といった一言を忘れないようにしましょう。

ベッドルームにおいて彼女が求めるのは“気配り”、彼が求めるのは“回数”

もうひとつ忘れてはならないのが、ベッドルームでの営み、つまりラブライフにおけるニーズの違いです。この違いをわかっていなかったり無視したままだったりすると、最初はうまくいっていた二人の仲にも少しずつひずみがあらわれてきます。なかなか言い出しにくいことなので相手にも率直に打ち明けにくいのですが、違いがあることをしっかりと意識しておきましょう。
男性のほうがセックスに対してより積極的に求めがちですが、女性が何よりも求めるのはセックスという行為以上に、カップルならではの精神的な結びつきです。
ベッドルームでも彼女のムードや感情をじゅうぶんに配慮し、優しい気配りがなければ、セックスをぞんぶんに楽しむことはできません。男性側はその心理をよく理解し、彼女も同じようにセックスを堪能し、満足できるよう心掛けるべきでしょう。
そのためには性行為だけを急がず会話を楽しんだり、マッサージや前戯でじゅうぶんに彼女の心と体をほぐすことが必要です。そして彼が求めるのは“回数”。それは決して単に性欲を満たしたいというだけでなく、セックスを通じて愛情表現をしたいという思いが強いからです。
頻度が高いほど、相手の反応がよくわかり、より充実したラブライフが送れるのも事実。ですから彼の誘いには、できるだけ笑顔で応じるよう心掛けてみましょう。

まとめ

いかがでしょう? 恋愛は自分の思いだけを通すのではなく、相手の気持ちやニーズにも敏感になり、応じていくことが仲良しカップルでいるための秘訣です。
いつも一緒にいると、ついつい相手の存在が当たり前となり、そうしたニーズを忘れてしまいがち。ケンカになりそうになったら、一度こうした相手の“ニーズ”とは何か、思い出してくださいね。

▽ 参考記事: His 4 biggest needs, her 4 biggest needs

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。