彼女から送られてきた感激メールとドン引きメール! 【前編】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2016.02.27.Sat

普段から何気なく送りあっているコミュニケーションツール、それがメール。メールを送ることなんて、もはや生活の一部になってしまったものだからその内容なんて大して気にせずに送信しているのではないでしょうか?
前編ではそんなメール文化が生み出した成功例、後編では失敗例について迫ってみたいと思います。

彼女から送られてきた感激メール2選

「リア充バンザイ!」素直な気持ちをストレートにぶつける真夜中の一通

体験者: 30代男性

付き合いだしたばかりの頃、A男君は彼女のB子ちゃんと仕事終わりのメールを楽しんでいたんですって。でもお互い次の日も仕事なものだから、もう寝ようとなったわけです。それなのに、なんだかうまく寝付けず焦っていた時分にB子ちゃんから一通。

「こんな夜中にゴメンね。さっきまでメールしてて楽しかったから、目が冴えちゃって……。はやく朝になっておはよって言いたいな! おやすみなさい。P.S.もし起こしちゃたらゴメンね?」

このメールを見たあと、携帯を握りしめて朝まで安眠できたそうです。

▽ この彼女さん、女性から見てもかわいすぎます! 付き合いたてのテンションの上がり具合をも上手に利用したキラキラテクニック! ヘタに小細工するよりもベタな感じのほうがいいとのタレコミも入ってきていますので、勇気を出して攻めてみては? 筆者も見習ってみようかな……?
あ、でもくれぐれも送るタイミングはしっかりと見計らってから。夜中のメールは迷惑になることもありますからね。個人的には週末に近い木曜日・金曜日あたりがおすすめです。

「プライベートの大切さが身に染みる!」気遣いメールでキラリと光る優しさと思いやり

体験者: 20代男性

あるとき、インフルエンザにかかってしまったC男君。風邪のときには欠かさずにお見舞いに来てくれる彼女も、さすがにインフルエンザでは呼ぶわけにもいかず心細い思いをしていたそう。するとそこに彼女のD子ちゃんから渾身の一通が届きます。

「インフルエンザでも行ってあげたいけど、もしうつっちゃったらC男君が責任感じちゃうからやっぱり行かないね。でも、ドアノブにゼリーとスポーツドリンク掛けといたからとれるときにとってね。保冷剤入れてあるから慌てなくても大丈夫だよ! お大事にね」

彼女の気配りに脱帽するとともに、彼女の優しさを再確認したそうです。

▽ メールと差し入れのダブルパンチでKOを狙うテクニックですか! しかも、返事を返さなくても大丈夫な文面になっているのも上級者。男女問わずこの気配りに感動しない人はいないかも!?

感激メールをお手本に!

前編では彼女から送られてきた感激メールを2つをご紹介しました。「コレ良さそう!」と思ったものはすかさずマネっこ! デキる人をマネすることが、結局は自分のスキルアップにつながります。それでは、これにて前編終了!
後編ではドン引きメールをお伝えしていこうと思います。どのような内容だとドン引きされてしまうのか……お楽しみに~!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子