彼氏以外の異性が気になる……そんなときどうすればいい??

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2016.02.15.Mon

ずっと付き合っている彼がいるのに、最近気になる異性ができてしまった……なんとも悩ましいシチュエーションですよね。今の関係に安住するか、思いきって新しい恋に踏み出すべきか……結婚のタイミングも気になってくるとよけい悩んでしまいます。そんなときはどうすればいいのでしょう?
恋愛相談のエキスパートとしてかずかずのカップルたちにアドバイスをしている、トレイシー・コックスさんのアドバイスがそんなお悩みに応えてくれます。

彼以外の人に心ひかれるのは、けっして悪いことではありません!

きちんとした彼がいるのに、ほかの男性に心ひかれてしまう――そんな自分に罪悪感を抱いてしまうかもしれません。でも人は出会うタイミングさえ合えば、いつでも誰かを好きになる可能性があります。誰かを好きになる、心ひかれる、それ自体は決して悪いことではないし、心が新しい出会いや人に対してオープンに開かれているということは人生を楽しむうえではとても大切なこと。
彼を裏切ったり、誰かをだましたりしない限り、好きになること自体はけっして悪いことではないのです。

恋愛感情と、好奇心や性的欲求をごちゃまぜにしないで!

とはいえ、今の彼にはない部分が魅力的に見えたり、刺激的だと感じることもあるでしょう。でもそんなときこそ、恋愛感情と好奇心そして性的欲求を混同しないことです。人は親しみ慣れたことより未知なるものに対してより強く好奇心が反応してしまうものです。それに正直なところ、“あの人に抱かれてみたい”という少々みだらな動機も否定できないでしょう。でもそれが恋愛に欠かせない愛情や強い信頼感につながるかと言えば、必ずしもそうなるとは限りません。
まだよくわからない相手だからこそ、ドキドキ感があるかもしれませんが、それを恋愛感情に直結させるのはちょっとキケンです。気になっている相手が、今の自分の恋愛相手として本当にふさわしいか、それとも一時的な好奇心だけで盛りあがっているだけで現在の彼との関係を終わらせるほど価値はないかどうか、慎重に考えてみましょう。

今の彼との関係をリアリティチェック、あなたは今の関係に本当に満足している?

次に今の彼との関係のリアリティチェックを行ってみましょう。

・ 今の恋愛で満足していること
・ 今の恋愛に不満なこと

このふたつをそれぞれリスト化して、書き出してみるのです。満足していることがたくさんあれば、今じゅうぶんハッピーだということ。それなのにあえて新しい相手との関係を探ってみるのはリスクが高いといえるでしょう。そして問題なのは不満なこと。不満はいろいろあるはずですが、まず自分と彼の意識と努力次第で解決できそうなものについては改善の余地があるのでとりあえず保留。そして残った不満については、その不満度を10点満点でスコアづけしてみましょう。
スコアが高いほど不満度が高いものとします。
さあ、こうして浮かびあがってきたのが、今の彼との恋愛のリアルな現状分析。もし不満度が高いものが数多くあるのであれば、新しい恋に進むべきときがきていると考えてよいでしょう。

新しい人との恋愛の発展性は??

今の恋に終止符を打ち新しい恋に進むなら、その発展性についてもよく考えておくべき。まずその新しい人に心ひかれる理由、そしてゆくゆく問題になりそうな懸念もリストアップしてみましょう。さらに新しい恋が今の恋愛よりもいいものになりそうだという、その理由もあげてみてください。
それらは感情的なだけでなく、きちんとロジックの通ったものでしょうか。もしそうなら、きっと新しい恋を後押しする原動力となることでしょう。

最後はやっぱり……自分の直感を信じること!

でもやはり最後は自分の直感を信じることです。女の直感はたしかに強力なツール。あなたにとって一番大切なことはきっと心の奥底で知っているはずです。だからこそ最終的には自分の内側からきこえてくる“心の声”に耳を傾けてみるべき。決して後悔しない選択をしましょう。

▽ 参考記事: Tomato ketchup, a sprinkle of cinnamon on your cereal and getting sweaty 3 times a week: The 14 small changes you can make NOW to stave off the effects of ageing

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。