多忙男子の気持ちがわからないなら、年収1,000万越え男子は狙わない方がいい

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
美佳

Written by:

2016.02.12.Fri

なんやかんやでやはり高所得の男子は婚活女子から人気。けど高所得の男子は平均年収の男子よりも忙しい人が多めなので、休みが取れなかったり残業が多かったり……。恋愛がしたくても時間的に難しい男子もいます。とはいっても高所得男子だって恋愛はしたいんです。
でも「自分の忙しさのせいで毎回付き合う女性にさびしい思いをさせてしまう……」と内心申し訳なく感じ、恋に積極的になれないことも。

高所得男子の申し訳ない気持ち4つ

高所得の男子を狙う女子は、彼らの申し訳ないと思う気持ちを理解できなければお付き合いはちょっと難しいかもそれません。そんな彼らの申し訳ない気持ちを紹介します。

【申し訳ない気持ち1】デートらしいデートができない

多忙男子と付き合ってことがある人はわかるかもしれませんが、多忙男子とのデートは2~3か月に一度 ということもザラ。ひさしぶりに会えても数時間しか一緒にいられないことも。彼だってそれは申し訳ないと思っているんです。
だから「ディズニー行きたい」だの「海外旅行行きたい」だの言われても時間的に難しかったりします。多忙男子だって彼女とたくさん遊びたいのはたしかですが仕事に忙殺されているときは物理的に難しいんです。そんなとき、追い打ちをかけるように「友だちは彼氏に連れて行ってもらってるのに!」と強く責めたら彼は疲れちゃいます……。
でも超多忙男子だって稀に連休が取れたりすることもあるので、そのときは彼女の希望を叶えてくれるでしょう。それまで彼の仕事を一生懸命応援して見守ることができれば彼女として長くお付き合いできるかもしれません。

【申し訳ない気持ち2】連絡が遅くなる

忙しい男性はプライベートの連絡を後回しにしがち。特に彼女との関係が安定していると思えば、なおさら彼女の連絡を後回しにしがちでしょう。
でも彼だって彼女が返信を待っていることにちゃんと気づいてます。ただ余裕がないだけなんです。なのでメールの最後に「返信は大丈夫だよ」や「返信は時間があるときでいいよ」など書いておけば彼も楽な気持ちでメールを読めるでしょう。もし玉の輿を狙っているのなら、彼の連絡が少ないと文句を言うような女性はパートナーとして難しいかも。

【申し訳ない気持ち3】デートのドタキャン

多忙男子とデートの約束をしてもドタキャンされることもあります。その代わり多くの場合、ちゃんと「ゴメンね。必ず埋め合わせするから」と代案をくれます。なのでドタキャンされても「お仕事頑張ってね」と言える優しさをもっていることが忙しい男子と付き合ううえで重要。またドタキャンに慣れればいいですが、ドタキャンされて毎回凹んでしまう女性は多忙男子のパートナーとしてはちょっと厳しいかもしれません。
そんな忙しい男性と無理して付き合い、メンタルが壊れて情緒不安定になっては、彼だって切ないです。ある程度打たれ強いメンタルも必要です。

【申し訳ない気持ち4】さびしい思いをさせてる

その辺の「彼氏」のように頻繁に連絡できないし、会ってあげられないし、彼女にさびしい思いをさせていることに彼だって気付いています。ただ彼女に「さびしい」と言われても上手にさびしさを埋めてあげることができないんです。でもさびしいのは彼女だけではなく彼もそうだと思ってください。
多忙男子と付き合うと会えなくてさびしい気持ちになるのもわかりますが、あまり彼に「さびしい」と言えば彼も辛くなり「だったらもう別れよう」となることもあるので「さびしい」と言う言葉は極力使わない方がいいです。

おわりに

会ってあげられないけど、連絡もマメにはできないけど、それでも恋人に好きでいてもらいたい! と言うのが多忙男子の本音。ある程度さびしさを押し殺せる女性でなければ高所得の男子とのお付き合いは難しいでしょう。もし高所得の男子と末永くお付き合いをしたいのなら少なくとも上記4つは理解してあげて下さいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

美佳

都内でホステスをしつつフリーライターとしてあっちこっちの媒体でちょこちょこ執筆中。
主に恋愛系の記事を書いてます。

日中は地味~な格好でコーヒー飲みながらカフェでコラムをかきかき。
夜はキレイなドレスを着用し、ばっちりメイクした顔で酒かっくらってます。
そんな20代後半の私。