“感じやすい女”になれば、彼とのセックスももっと楽しめる!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2016.02.11.Thu

本来セックスとは愛し合うふたりの神聖な行為なはず。でもすべて完全に彼まかせだったり、妙な羞恥心に支配されて心から楽しめなかったりする女性も少なくありません。しかし単に性欲を満たすだけでなく、愛情を確かめ、深め合ってこそ充実したラブライフになると思いませんか?
そのためには私たち女性も恥ずかしがったりせず、もっと大胆に、“感じやすい女”になることが必要なのではないでしょうか。そのためのヒントを探ってみました。

いわゆる“セックス”だけでオーガズムに達することは難しい……

大好きな彼とセックスしているのに、心から気持ちいいと感じたことがほとんどない……なんてお悩みはあなただけではありません。海外のある調べによれば、性行為そのものだけでオーガズムに達する女性は全体の2割ほどだという結果があるほど。そう、つまり圧倒的に少数派なのです。
男性はいったん開始すれば、あとは体が自然と反応していくようですが、女性の体はずっと複雑なメカニズム。だから、自信をなくしたり、“私って才能ないんじゃないか”なんて落ち込む必要はないんです!

生命エネルギーを高めることで、セクシャルパワーもアップする

とはいえせっかく彼との愛の営み、できれば心から楽しみ、充実させたいと思いますよね。そのためにはまず、セックスに対する罪悪感を拭い去り、純粋に楽しもうという気持ちを持つべきです。それは自分の身体の“声”に耳をかたむけ、どうしたらより好ましい状態になるのか、体のもつ生命エネルギーを意識してみましょう。
ストレスを感じていたり、疲れていたり、体調不良になっていたりするときはとてもセックスどころじゃないはず。なによりも健康的で、もっとアクティブに人生を楽しみたいと感じているとき、生命エネルギーは高まり、“したい”という気分も高ぶってきます。

“感じやすい女”になるためには……

深呼吸を通じて、心と体を“コネクト”する

セックスを心と体で楽しむために、このふたつをしっかり結びつけ(コネクト)てみましょう。そのためにはゆっくりと深呼吸を繰り返して、体の持つリズムを感じることが大切です。
1日のうち10分から30分くらい時間をとって、ゆっくりと目を閉じて深呼吸をしてみましょう。自分の内なる感情と向き合い、感覚も鋭くなっていくのが実感できるはずです。

「ビジュアライゼーション(可視化)」で“絶頂”を想像してみる

実際にセックスそのものに及ばなくても、イマジネーションだけでじゅうぶん“感じやすい”体質になることができるといいます。
映画、漫画、あるいは小説など、ステキだなと思えるシーンを頭の中でどんどんリプレイ。そのシチュエーションを自分に当てはめて、自分だったらどんなふうに反応するか、イメージトレーニングに励みましょう。

エクササイズ、ダンス、とにかくたくさん体を動かす

セックスも一種のエクササイズということができます。ですからたくさん体を動かして、体力がつけばそれだけセックスもタフに楽しめるようになるというのです。運動することはストレス発散にも効果的で、心身のリフレッシュに役立ちます。ジョギング・ウォーキング・ピラティス、あるいは音楽にのってダンスなど、とにかく無心に体を動かして、汗を流す楽しみを日常にとり入れてみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。