バレンタインの「おもしろ失敗談」特集!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2016.02.03.Wed

今年もバレンタインの時期が近づいてきましたね。大人になっても、なんだかワクワクしてしまうバレンタイン。大好きな彼にチョコをプレゼントしたり、思い切って告白をしてみたり……。でも、必ずしも成功するとは限らないのが人生というもの!?
今回はバレンタインの思わず笑ってしまう、そんな失敗談を集めてみました。

チョコのテイスティングで5キロ増!?

「どんなチョコレートがおいしく作れるか、試行錯誤をしていたんですよね。作れば大義名分ができます(=食べられます)し。結局ガトーショコラに決めて、しかもかなりいいできだったんですが、もはや問題はそこじゃなくて……。試作と味見を繰り返していたら最終的に5キロも太ってしまったんです。もう開いた口がふさがりませんでしたよ」(20代/女性)

▽わかります! よ~くわかりますよ! チョコ好きであれば、わからない人はいないと思います。

大量のニキビと鼻から流血事件発生!?

「私は昔から“買いチョコ”派。社会人になってある程度自由になるお金ができたこともあり、高級チョコの専門店でまず気になったものをいくつも買って食べまくったんです。その中から上位数個を選んで彼にあげようかなって思って。で、疲れているのにチョコを大量に食べてからデートに行った結果……鼻血を出したんですよね。彼にはビックリされるし、恥ずかしいし最悪。普段はそんなことないのに! さらにバレンタインデー当日にはチョコの食べすぎでニキビが大量にできてしまい、さらにはニキビが破裂して血が出てくる始末。あの日以来チョコは私の天敵です」(30代/女性)

▽大好きな彼にもおいしいチョコをプレゼントしたいし、おいしいチョコを自分へのご褒美に! そんな純粋な女子の気持ちを……チョコ、恐るべし。

おいしいけれど複雑なチョコの味!?

「片思いしていた彼のところへ、手作りのチョコを持って告白しにいったんです。すると、彼の返事はOK! しかも逆チョコで私に告白をするつもりだったということで、用意してあったチョコをもらったんですが、家に帰ってそれをあけてみると私の作ったチョコよりも完成度の高い手作りチョコと整った字で書かれたメッセージが。自分の女子力の低さを見せつけられたかんじで、なんだかなさけなくなりました」(20代/女性)

▽女子力高い系男子の先駆け的存在だったのでしょうか?

ちなみに筆者はチョコを食べすぎて胃の調子を悪くしたことがあります。皆さま、どうか失敗にはお気を付けくださいね?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子