恋愛がすべてじゃない! 最強の女友だちの作り方~後編~

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2016.01.20.Wed

前編に引き続き、最強の女友だちについてと、いよいよ、そんな最強の女友だちの作り方について、お話いたします。あなたのグチや日々の何気ないできごとをきいたり、逆に話したりしてくれる――そんな人がいてくれたら、なによりの救いになりますよね。

あなたの限界を認めてくれる

いつでもどこでも「頑張れ、頑張れ、まだやれる!」とエールを送られるのもつらいものです。バカのひとつ覚えじゃないんですから。頑張っているなんて、通常運転ですよね。あなたがいっぱいいっぱいのときに「そういうこともあるよ! 大丈夫だよ」と思いきり明るい笑顔で肩をポンっと叩いてくれる――そんなさわやかな友だちがいてくれたら、あなたは自分の不出来なところやダメなところも許せるでしょう。沈んでいた心も前向きになれるのではないでしょうか?

最強の女友だちの作り方

方法はたったひとつ。あなたが心を許したいと思う女友だちの前で、素のあなたのままでいることです。見栄を張らず、ありのままでいるだけです。楽しいことを全力で楽しんで、悲しいことに真正面からぶつかって傷ついて、日々を一生懸命に生きるだけです。あなたが真正面からぶつかっていったときに、相手がちゃんと応えてくれたのなら、最強の女友だちの誕生です。
あとは、彼女たちにウソをつかないことです。ダメなところもイイところも全部見せてしまえば、相手はきっと受けとめてくれますよ。ちなみに、ぶつかってみてダメなら相性が悪かったのだと思えばいいのです。相性は、あなただけのせいではないですからね! あまり気に病まないことです。

人の心の声をきこう

ただ自分の話をしているだけでは、本当の友情なんて生まれやしません。お互いが無理をしない程度に肩の力を抜いて、辛さや楽しさを共有していれば、おのずとそばにいることが自然になるのです。そうすれば、次にあなたは「彼女たちを楽しませたいな。一緒に楽しいことをたくさんしたいな」と思えるようになるでしょう。彼女たちがなにをのぞんでいるか、息を吸うようにわかるようになるのです。

いかがでしたでしょうか?

ありのままでいることや、自分のダメなところをさらけ出したりすることは、抵抗もあるでしょうし、勇気もいります。ですが、あなたのその勇気は、かならず相手に届きます。小ぎれいな人間関係なんて、オフィスの中でだけで作っていればいいのですよ。
友だち関係は、笑っちゃうくらい泥臭くいきましょう! 誰かのためになにかしたいと思えるようになれば、そのときあなたはきっと誰かの最強の女友だちになっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

立羽 朝妓 Tateha Asagi

広島の山奥にある大学を卒業後、上京。
着ぐるみのスーツアクター、俳優・声優として活動後、エステティシャンとなる。
現在は、都内で劇団『タカラサガシゲキ団』の代表として、脚本・演出家として活動中。
オフに楽しむ梅酒と枝豆が何よりの至福。
暴走系ひきこもり女です。ご贔屓にどうぞ。

Twitter:@tateha_asagi
『タカラサガシゲキ団』
http://ameblo.jp/takarasagashigekidan/