脱マイナスなものの見方! プラス思考で恋愛の可能性を広げよう

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.06.03.Sun

女子会でよく聞く台詞を挙げてみます。「彼、スタイルは良いんだけど、顔がタイプじゃないのよねー。アタシ濃い顔が好きじゃん? でも彼醤油系なのよ」「今気になる人ね、頭は良いんだけど、理論的過ぎて面倒なの。食べ方は上品で問題ないんだけど」「今の彼さー、住んでいるエリアはイケてるんだけど、ファッションがダサすぎるの」などなど。気付いたことはないでしょうか?
すべてに共通しているのは、最初にプラスの要素を持ち出した後、マイナスな要素を出して打ち消している点。

マイナスな見方しかできなくなる

残念なことに上に挙げたタイプの女子は「××は良いけど、××が残念なんだよね」というように、何かしらマイナス点を見つけるのが、すっかりクセになっています。
第一印象で相手の男子がとても良く見えたとしても、2回、3回と会っていくごとに、だんだんと見えてくる別の面を見て採点スタート。「1回目はもっと紳士的な態度だったのに、ちょっと態度変わった?」などと、彼が気配りができない瞬間が少しでもあると、いきなり評価を下げるのです。
最初は緊張しているし、相手に気を使うのはあたりまえ。また会ってほしいという理由で、とことん女子に尽くすのが男の性。徐々に打ち解けてきて、男子が最初のときほどは気を使わなくなるのを、こういった女子は「はぁ? ふざけないで」と感じて、すぐに切るそう。これが習慣化すると永遠にマイナスな見方しかできなくなります。
他人は自分ではない。自分と違う部分があるからこそ、別の人間なのですよ、と言いたくなります。違いを認めるとともに、そもそも完璧な人間などはいない、と理解しておきたいところ。そうするだけでイライラしません。

プラスなアプローチの例

上に挙げた各悩み(?)に対して、プラスにアプローチしてみることにしましょう。

「彼、スタイルは良いんだけど、顔がタイプじゃないのよねー。アタシ濃い顔が好きじゃん? でも彼醤油系なのよ」
→「醤油系フェイスの魅力」を知る良い機会です。きっと濃い顔にはない良さがありますよ。付き合ってみるうちに、もしかすると薄い顔が好きになるかも知れません。食わず嫌いだった可能性も。そもそも男子は顔ではないのですから、気が合うなら付き合えば良いのにと言いたくなるけれど……。

「今気になる人ね、頭は良いんだけど、理論的過ぎて面倒なの。食べ方は上品で問題ないんだけど」
「論理的でスゴいね」と褒めた後、「普通の会話のときくらいは楽にしてー」と言ってみるのはどうでしょうか。彼も普通の人間。気を抜きたくなるときだってあります。また「女子は男性に論理的な面を求めてはいない」と教えてあげるのも手かも。

「今の彼さー、住んでいるエリアはイケてるんだけど、ファッションがダサすぎるの」
前半部分はどうでもいい。ファッションがダサいという問題ですが、変えてあげれば良いだけの話。ダサ彼からイケてる彼へと進化を遂げていく様を見るのは、かなり気持ち良いはず。

生きていく上でベースにしたいのは「プラス思考」。確実に世界(周り)が変わります。恋愛だけでなく、人生の可能性を広げるためにも、何に対してもプラスのアプローチを心がけてみて

ライター:池田園子

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!