あなたが結婚を決めるときに捨てるべき、くだらない考え5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2015.12.30.Wed

結婚相手を選ぶとき、あなたはなににこだわりますか? 結婚相談所に行くと、さまざまな条件で相手をふるいにかけ、何十万人といる候補の中からあなたにピッタリの殿方を推薦してくれます。
今日は、しあわせになりたいと願うあなたが今すぐ捨てるべき考えについてです。

結婚相談所いわく

以前、結婚相談所の担当の人に「結婚相手を選ぶときの条件で、譲れないものを3つしっかり持っている人は結婚しやすい」という話をされました。たとえば、「自分より背が高い、年収400万以上、次男」というような感じです。譲歩できるところとできないところがはっきりしているので、相手のことを受け入れやすくなるのだそうです。同時に、自分の理想にも近いお相手と出会えるのだとか。
あなたの譲れない三条件はなんですか? これからお話することもぜひ参考にしていただければと思います。

年齢差にこだわらない

あなたが気になる人がいて、それがすごく年齢が離れている人であったとして、年齢を理由にその恋を終わらせる必要はありません。一人の人間として思いあえればそれでよいではないですか。もし年齢が離れていたとしても、それが理由で一緒にいられる時間をより大切にできるならステキなことです。

世間の言う適齢期なんて切り捨てろ!

適齢期、というものにとらわれないでください。この言葉は死語です。世間体が勝手に決めた数値です。あなたの幸せなんて、保証してくれません。

親戚たちからの干渉を怖がらないで!

なかには、干渉好きであなたのストレスの種になるような人もいるかもしれません。ですがそれは旦那さまがしっかりとあなたの味方になってくれれば、解決方法が見えてきます。不安に思ったら、旦那さまとよく話し合いをすることです。結婚は家と家でするものです。たがいの家からの干渉はあるでしょう。ですが、これを怖がっていてはなにもはじまりません。

共同生活への不安なんて抱かないでいい!

結婚をする前に、共同生活に対する不安に襲われて、結婚に尻込みする方がいますが、やってから考えればいいのではないでしょうか。他人であった二人が一緒に住むのです。ある程度の衝突はあるのが当たり前です。無難な共同生活なんて存在しません。

結婚相手の宗教についての不安

宗教についてはとてもデリケートな問題ですので、不安に思ってしまう方もいるでしょう。同じ宗教でないと結婚したくないという方もいらっしゃいます。ですが、これも一人で抱え込まないことです。
筆者の知人は宗教の違いを乗りこえて結婚しましたが、互いの価値観を尊重し合い、とてもしあわせに生活をしています。

いかがでしたでしょうか? あなたが生涯をともにしたいと出会った人と結婚を考えたとき、もし上記のようなことを不安に感じてしまったのなら、その不安はすぐに捨てていただきたいです。たくさんの試練や不安はあるでしょうが、乗りこえていくのは夫婦であるお二人です。一人で悩まないでください。おしあわせに!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

立羽 朝妓 Tateha Asagi

広島の山奥にある大学を卒業後、上京。
着ぐるみのスーツアクター、俳優・声優として活動後、エステティシャンとなる。
現在は、都内で劇団『タカラサガシゲキ団』の代表として、脚本・演出家として活動中。
オフに楽しむ梅酒と枝豆が何よりの至福。
暴走系ひきこもり女です。ご贔屓にどうぞ。

Twitter:@tateha_asagi
『タカラサガシゲキ団』
http://ameblo.jp/takarasagashigekidan/