もしかして「ワガママ彼氏製造機」になってない? 尽くしすぎNGのワケとは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2015.11.28.Sat

一見すると、とても成功型に感じる「尽くすタイプの女性」ですが、今回はそんな彼女たちの弱点をお伝えすることにしましょう。

安心すると「ワガママ」になるのは人のサガ

筆者の知り合いの女性に、顔面偏差値と女子力の高い“完璧な女性”がいます。裏表もなく誰にでも優しい彼女ですから、当然のようにモテます。しかし彼女は、いつも彼氏からさんざんな仕打ちを受けて最終的にはフラれてしまうんです。
「なぜ毎回こんなことになるのか?」彼女は冷静に思い返してみると、とある時期を境に彼氏がどんどんワガママになっていっていたことに気づいたそうです。そう、彼女は彼氏に尽くしすぎてワガママ彼氏を作り上げてしまっていたのです。
彼氏のどんなワガママもきき入れた結果「オレの彼女はなんでもいうこときいてくれる従順な女性だから、このくらいいっても(やっても)大丈夫だろう!」といった思いがエスカレートしていってしまったのです。筆者の知る限りでは、最初はどの彼氏も「こんな高嶺の花と付き合えるなんて奇跡だ」といわんばかりの態度をとっていたはずなんですけれどね……。

コレダメ! 今すぐ確認したい尽くしすぎ例のサンプル集

・ 先約があっても彼氏が「会いたい」といえばそちらを優先する
・ ケンカ(いい合い)をしたあとは毎回あなたから謝るのが基本
・ 靴下をはかせてあげる
・ 四六時中、彼氏のことを考えて行動している
・ 到底ムリな時間帯の彼氏からの呼び出しにも、なんとしてでもこたえる
・ どんな我慢をしてでも彼氏に合わせる
・ 浮気を許す
・ 彼氏好みの女性を演じる
・ 彼氏の身の回りの世話をするのは当たりまえ
・ デート代などはすべてあなたが負担しているが、べつにそれに対してお礼はない
・ 彼氏にワガママをいわせてもらえない
・ なにやら上下関係のようなものができあがってしまっている
・ 連絡に対してのレスポンスが異常に遅いなど、扱いが“おざなり”な気がする

いかがですか? もしかして思い当たること、ありますか……?

対等な関係であることを忘れないで

男女平等をとなえて久しいとはいえ、日本にはまだまだ「男性をたてる社会」という風潮が色濃く残っています。しかし、これを当たりまえのように思って彼女のことを大切にしない男性はきっとダメな男性です。もしも度を超して尽くしすぎているようなら、少しずつ“自分らしさ”を出していくようにしましょう。それを許してくれない彼氏なら、それはもうほかに目を向けてみてもいいということではないでしょうか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子