男性をセックスしたくてウズウズさせる5つの方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
紅緒

Written by:

2015.11.27.Fri

最近、彼があまりセックスしてくれなくなって不満に思っていませんか? 全体的に見ましても草食男子が増えて、セックスをおっくうに思ってしまう傾向があるようなので、ここは少し刺激を与えて、もっと2人でたのしめるような濃密な時間を作ってみませんか?

視覚を攻める

やはり男性は視覚から入る刺激を重視しますから、ランジェリーはセクシーでエレガントなものをチョイスします。レースやシルク・サテン・シースルーといった素材は、男性がとくに好むものです。色も白やパステル系などのかわいい演出の色よりも、黒・赤・紫などの攻撃系の色の方がよさそうです。
ただしヒョウ柄やゼブラ柄まではやりすぎ感がありますので、品のいいエレガントなデザインを選びましょう。

嗅覚を攻める

嗅覚は、とてもデリケートな感覚のひとつですが、香りを身にまとうことで、上手に男性を翻弄させましょう。ただキツイだけの香水は返って気持ちがなえてしまいますから、なにをチョイスするかが大切。そのものの香りもさることながら、自分の香りと混じるわけですから自分の体臭と合った香りを探してみましょう。
案外、香水よりも全体に香りをなじませることのできる香りのいいボディローションの方が、男性からは好評化ですよ。また部屋自体をアロマキャンドルなどで香らせるというのも効果的です。

聴覚を攻める

リラックスできるようなムードのある音楽をかけることも大切ですが、言葉攻めも有効です。「して」「きて」「見て」などの、たった二語であっても耳元でささやけば効果絶大です。ポイントは“求めている”という表現であって、自分がされたいこと、相手にしたいことを、あえて言葉で伝えることが言葉攻めです。「触れたい」「舐めたい」「噛みたい」などの表現もおすすめです。

触覚を攻める

男性は目から受けた刺激を触りたいと展開します。そのときあなたの肌がモチモチのぷるんぷるんであれば、彼はなお触れたいと思うでしょう。これは日頃からのケアが必要で触れたい肌を作っておかねばなりません。カサカサしている女性が性対象外になってしまうことを念頭に入れておきましょう。顔の保湿を気にかけておきながら、ひじ・ひざ・かかとが黒ずんでいたり、かかとがカサカサとかは最悪ですから、細部にわたって保湿が行き届いてるかチェックしてみてくださいね。

味覚を攻める

アルコールの力を借りてもいいですが、互いに口移しして楽しむことがおすすめです。たとえば、シャンパンやワインなどでも構いませんが、果物やゼリー・生クリ―ム・チョコレートなどスイーツを利用したものもエロティックで官能的です。

いかがでしたか? セックスは人間の三大欲求の一つですから、ダイレクトに本能に刺激を与える方法がおすすめです。記載したように、お互いに高ぶるようなセックスをするには多少の演出がなければなかなか盛りあがりにくいもの。ですので手をかえ品をかえ、楽しみながら濃密な時間をおすごしください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

紅緒

恋愛至上主義 美しいもの 美味しいもの ワインが好き。