恋愛感情はもっちゃダメ! 「男友だち」と二人きりで会うときの注意点3つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

彼氏ができても男友だちと付き合い続ける人は案外多いはず。寛大な彼の場合、「○○くんと会ってくるね!」と言っても、笑顔で送り出してくれますよね。しかし、内心はもしかしたら、心配で仕方がないのかもしれませんよ。
男友だちはあくまでもトモダチ。お互い恋愛感情をもたないためにも、二人きりで会うときはいろいろと注意する必要があります。
そこで今回は「男友だちと二人きりで会うときの注意点3つ」をご紹介してまいります!

昼間に会って夕方には解散

いくらお互い割りきっている関係とはいえ、あくまでも男と女。どんなタイミングで男女の仲になるかなんて、本人たちですらわかりません。ましてや二人ともそれぞれパートナーがいるなら、余計な心配をかけないためにも、できれば日中に会って、夕方には解散しましょう。あかるいうちに解散すれば、あなたの彼氏も少しは安心できるかもしれません。なかには仕事帰りに男友だちと会って一緒に飲みたいと考える人もいるでしょうが、もし彼氏に同じことをされても不快な気持ちにならなければ、夜に会っても構わないでしょう。
できる限り夜に居酒屋へ行くのではなく、日差しがでているときにオシャレなカフェに立ちよって、軽く近況報告をし合う程度にしておきましょう!

「ワリカン」は絶対!

仮に男友だちが「ここは俺が払うよ!」と言っても、ワリカン主義を貫き通しましょう。全員がそうとは限りませんが、友だち関係にも関わらずおごってくれるということは、あなたは気がなくても相手は密かに好意をよせている……という可能性も。
本来の彼(彼氏)を傷つけないためにも、ワリカンは絶対! あくまでも二人は「恋人」ではなく「友だち関係」。たまにはおごってもらうのもアリかもしれませんが、さすがに毎回はマズイかもしれませんよ。相手が本気モードになってきているとうすうす気づいているなら、ほんの少し距離をおいた方がいいでしょう!

「恋人スポット」は避ける

待ち合わせ場所で合流したあとは、オシャレなカフェでお互いの彼氏・彼女について話したり、仕事の話で盛りあがるといいでしょう。まさか楽しい気分のまま、二人で映画館に行っていませんよね?
いかにも恋人がデートする場所に二人で行ってしまうと、何気ない瞬間にドキっとしてしまい、彼氏のことを忘れて、目の前の男友だちを好きになったような感覚に……。どんなときも彼は男友だちということを忘れてはいけません。せめて、おいしいパンケーキを二人で食べに行く程度にしておきましょう。

いかがでしたか? 男友だちを好きになってはいけないというルールはありません。本気で恋に落ちたなら、彼氏よりも男友だちを優先したところでなんら問題はありません。しかし、それではいつになっても一人の人と長くお付き合いできませんよね。
「男友だち」というカテゴリーに分類した以上、きちんと彼氏とのボーダーラインははっきりしておくべき! 男女トラブルに発展しないように気をつけましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

山口 恵理香(やまぐち えりか)

WEBライターとして活動中。90年生まれ。
得意ジャンルは恋愛とライフスタイル、ファッション、ビューティーなど。
モットーは「瞬間を生きる」。現在、googirlのほかにAppwoman、TRILL、GODMake、コスメ二スト、サプリ、Ciel、マイナビティーンズなど20媒体以上で執筆中。
記事を読んでいただいた皆さまの背中をそっと押せる書き手であり続けたいと思っています。