まったく結婚を考えてなかった男性が“結婚”を意識したきっかけ5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
上岡史奈

Written by:

2015.08.14.Fri

長く彼と付き合っているのに、ちっとも結婚の話にならない――。周囲がどんどん結婚していくと、のんびりした彼に対してとにかくあせってしまうものです。あせって結婚の話を切り出して、「ごめん、まだ結婚は考えられない」と別れにつながってしまうケースもよくききますし……。自分から決断を迫ることもなかなか怖いですよね。
今回は、長く付き合っていたカップルの男性が実際に結婚を意識したきっかけをまとめてみました。

1. 「結婚したい」とストレートに言われる

長く付き合っているのに結婚しないカップルは、女性の方が受け身でなにも言い出さないケースが多いのです。「プロポーズはあくまでも男性の方からすべき」と思っていたり女性が言うのはプライドが許さないと思っていたりします。ところが、男性は鈍感なのでそんな女性の複雑な気持ちには気づきません。なにも言ってこないということは、彼女はこのままでよいと思っているのだろうと考えます。ストレートに気持ちをいわれることで、急に結婚を意識することも。我慢して思いつめるくらいならハッキリ言ってしまった方がよいでしょう。

2. 友達の結婚式に参加したとき

普段まったく結婚に興味がない人でも、結婚っていいなと思うのが結婚式に参加したとき。仲のいい人の最も幸せそうな姿を見ると、自分も結婚を考えるのが唯一このタイミングでしょう。親友の結婚式で感動しているときに、「私たちも」と結婚を切り出すのは最適なタイミングだといえます。

3. 病気になったとき

普段は「1人でも平気」と思っていても、病気になったときの心細い思いは家族を作ることを意識するきっかけになります。寝込んでいるときに彼女に看病されたりすると結婚生活がイメージしやすくなるそうです。彼にはいつも健康でいてもらいたいものですが、病気になったときに献身的に看病をすることで結婚を意識してもらえる可能性は高そうですね。

4. 子どもが欲しいと思ったとき

男性は、自分になついてくれる子どもや親族の子どもと接すると、自分も子どもが欲しいと考えるようになるようです。子どもに対してポジティブなイメージを持っている人も、あまり欲しくないと思っている人もいます。子育ての大変さだけを見てしまうと「自分には無理かも」と腰が引けてしまうかもしれません。可愛くて人見知りしない子どもがいる友人がいれば協力してもらって一緒に会ってもらうのも手かもしれませんね。

5. 仕事が落ち着いたとき

転職したばかりだったり、起業したばかりのときは結婚のことまで考える余裕がありません。女性は状況が不安定なときにこそ結婚を考えますが、男性は逆です。同時進行で物事を進めるのが苦手なので、環境が変化することを好みません。特に男性にとって仕事の存在は最も大きいものなので、仕事に余裕ができたときに結婚を考える人が多いようです。

偶然訪れるタイミングで結婚を意識することが多いようですが、それは女性の側が待っているタイミングとはずれることがしばしばあります。仕事などはいつ落ち着くと決まっているわけではありませんし、待つときは自分のなかで期限を決めて待つと彼に過剰なプレッシャーをかけずにすむのかもれませんね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

上岡史奈

探偵歴11年の元女探偵、探偵BAR店長を経て、
離婚、婚活、復縁などの相談を受ける恋愛プロデューサー。恋愛運が上がるネイルも研究中
趣味 パワースポット巡り
アメブロ http://ameblo.jp/erumoamere/
ツイッター@erumoamere

写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子