甘いことばかりじゃありません! 結婚生活の現実と向き合って学べる貴重なライフレッスンとは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2015.07.09.Thu

独り身のときは結婚に憧れていても、いざしてみると結婚生活を円満に維持することがどれだけ難しいことか頭を悩ませる人も多いと思います。結婚してから彼の態度が一変した、彼との関係はうまくいっていても義理の両親との付き合いが難しい、子どもをつくるタイミングで意見が合わない……。いざ夫婦として暮らしはじめてみると、いろいろ悩みが出てくるものです。でもだからといってすぐに離婚という結論にいたることはありません。そんな悩みを抱えてこそ学べることを貴重なライフレッスンとしていかしていけば、ひとりの人間としても成長し、充実した人生にできるはずです。

結婚生活を通じて、自分自身についてより考えさせられる

結婚生活のなかで問題が生じ、夫と口論やケンカもたくさん増えます。でもそのなかで相手から自分の欠点や短所を指摘されてみて、あらためて自分自身について考えさせられたり、気づかされたりすることがあります。それは配偶者といういわば“身内”から、はっきりと指摘されなければ、自分でも見て見ぬフリをしたり、フタをしてしまっていたことかもしれません。でもそうした自分のいたらない点を自覚させてくれるのはキビシイ体験があればこそだし、そこからこれからの自分の生き方についても見直すチャンスになります。

一見“失敗”のように見えることが、実際はそうとは限らない

もし夫との関係がこじれ、うまく修復することができず、離婚にいたってしまったら、それは“失敗”なのでしょうか。人は結論だけみて判断をくだしてしまいがちですが、じつは失敗ばかりともいえません。たとえ離婚にいたったとしても、子どもがいれば“この子たちの親になれてよかった”と思うかもしれませんし、結婚生活のなかで“この人と結婚してよかった”と心から思える瞬間もあったかもしれません。一見“失敗”のようでも、そのプロセスのなかには貴重な経験がたくさんあった、そう思えれば、離婚もけっして悪いことばかりではない、人生そうそう単純なものではないことに気づくでしょう。

結局人は自分自身の力で生きていかなければならない

結婚するからには、相手のことを信頼し愛してるからということが大前提ではないでしょうか。でも結婚生活をつづけるなかで、関係がうまくいかなくなったとき、あらためて感じるはずです。“やっぱり、自分を幸せにできるのは自分だけだ”ということに。愛し合っている関係はすばらしいものですが、だからといって安易に相手に依存したり、人生すべてを預けてしまうのは間違いのもと。なにか小さな不満ができたとき、すぐに相手のせいにしてしまうからです。でもそのとき、自分の人生に責任を持てるのは自分だけだということに気づき、そこからあらためて自分の生き方や相手との関係性について考えてみることでしょう。自分が本当にやりたいと思っている、あるいはできることを探すようになるでしょう。それはなにか新しい仕事を見つけるということかもしれませんし、あるいは家族みんなを幸せにするために自分ができることを頑張ろうとすることかもしれません。そういった新しいチャレンジに直面することで、今までよりもっと芯の強い女性になれることでしょう。

▽ 参考記事(海外サイト):6 Reasons Marrying Mr. Wrong Was The Best Decision I Ever Made

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。