脱おひとりさま! 「年齢=恋人がいない」人が彼氏を作るのに必要なこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2015.05.10.Sun

若者の恋愛離れや晩婚化が叫ばれ、結婚願望そのものをなくしている人や、年齢=恋人がいない歴を更新している人が増えていると言われています。みなさんのなかにも「恋愛したって疲れるだけ」「ひとりでもそこそこ楽しいし、人と付き合うのって面倒くさい」なんて思っている人も多いのでは?
恋愛は楽しいばかりではないもの。他人同士がくっついて一緒に日々をすごしていくからには、価値観が違うことや意志疎通が思うようにいかないこと、衝突することはつきものですよね。とはいえ、このままずっと「恋人いなくてひとりでいいな」と決めつけてしまうのは、なんだかもったいない気がしませんか?
ここでは「年齢=恋人がいない」という人が、恋人を作るために必要なことをまとめてみました。

なぜか異性に絶望している人が多い

「女って裏では何考えてるのかわかんねーしこえーよな」
「男の人って絶対浮気するじゃん。若くて可愛い女だったら誰でもいいと思ってるよね」
――異性の気持ちはよくわからないもの。でも「女はこう」「男はこう」と決めつけている人をよく見かけます。しかし、そんな人たちに限って恋愛経験が極端に少ないことがままあります。なかには異性と付き合ったことがないまま、恋愛コラムやネット上のうわさだけで「付き合うってこんなに大変なんだ……。自分には恋愛ができない」と思い込んでいることも。
頭でっかちになっているだけで経験が伴っていないことがよくあります。

「自己完結」は終わりにしよう!

彼らは人と向き合うことを恐れるため、自分の頭のなかだけで相手の気持ちを想像し、確認することのないまま「こうだ」と納得してしまいます。完全なる「自己完結型」です。考え抜いているだけあって、なまじ的外れではないことも相まってますます頑なに「異性は怖い」「自分なんかが付き合えるわけがない」と思い込んでいきます。
自己完結した世界でいては、他者を受け入れることなどできるはずもなく。勝手な思い込みを抱えたまま異性とどんどん距離を置いていくのです。

「傷つく覚悟」を持とう!

なぜ彼らはそうまでして負の方向へと妄想を繰り広げるのでしょうか。理由はとてもシンプルです。「拒絶されて傷つくよりも、最初に自分から拒絶したほうがラクだから」。身をもって傷つき、心を痛ませることよりも、自分の想像の範囲内で傷ついたほうがラクだからと初めから諦めてしまいます。恋愛に踏み込む勇気がない人は、総じて臆病者の傾向が強いのです。

まったく傷つかずに恋を手に入れることなど不可能です。「可愛いあの子はなんの苦労をしなくてもいろんな人と付き合っている」「お金持ちのあいつは苦労せずに女と付き合っている」なんて思うこともあるでしょうが、人が努力している姿なんてたいていは見えないもの。要領よくやっているように見える人だって、本当は努力しているのです。
「自分より恵まれている人は苦労せずに幸せを手に入れている」と思い込むことで、一歩踏み出さない言い訳をしている自分からそろそろ卒業しませんか? いいなと思った人にはどんどん食事に誘ってみましょう。たとえ断られても、死ぬわけではありません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれ。ライター/コラムニスト。

メディア、広告の編集者を経てフリーライターに転身。
大学在学中からコラムの仕事を始め25歳で結婚。
コラムでは恋愛、婚活、ママ、子育てのジャンルをメインに執筆。

twitter:https://twitter.com/rizuko21
mail:[email protected]