とってもシンプル、好きな人との関係がグングン進展するLINE活用術

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2015.04.18.Sat

最近、LINEの使い方が上手な人にはある共通点があるということに気づきました。驚くことにLINEが上手に使える人は男性人気も高い傾向にあるということまで発覚。そこでLINEを活用して、好きな人との関係を進展させる方法についてまとめました。もしかして、これまでのあなたのLINEの活用法は間違っていたかもしれませんよ。さて、どのようにLINEを使って、あの人との心の距離を縮めていけばいいのでしょうか?

モテる人は「マメ」が鉄則

マメな人は男女ともにモテます。仕事で疲れて帰ってきたとき、男性から“お疲れ様”とLINEが入っていたら、うれしくありませんか? 今日一日、頑張って良かった、と思えることもあるでしょう。ただ、いくらマメでも相手が迷惑に感じるほど、頻繁にLINEを送るのはやめてくださいね。好きな人の年齢が30代以上であれば、一日に20通を越えるLINEはさすがに多すぎます。LINEラリーをして良い雰囲気になったとしても、ある程度ラリーが落ち着いたら、キリの良いところでLINEを終わらせましょう。マメに連絡を取りながらも、文面から相手の状況や心理状態を冷静に読み取ってLINEを切り上げることが、好きな人との関係を育んでいくうえで重要なポイントとなりますよ。

質問をたくさんしない

質問だらけのLINEが送られてきたら、最初は良くてもだんだん返信するのが面倒になってくるもの。好きな人の気を惹きたいのなら、質問の数はなるべく減らしましょう。それよりも「おはよう! 今日も一日頑張ろうね」といったシンプルで返信を求めないLINEを送ると好印象ですよ。しかし毎日のように挨拶LINEを送っても、相手はストレスに感じるかもしれませんから、工夫を凝らして、身近起こった面白い出来事や近況を短くまとめて送るのもいいでしょう。このようにLINEでコミュニケーションをとっていけば、お互いに対する理解が深まり、より良い関係を築くことができますよ。

お誘いLINEはサラリと

やや難易度が高いのですが、好きな人をデートや食事に誘いたいのなら「よかったら、○日にご飯いかない?」などと、友達を誘うように気楽な気持ちで送ることが大切。断られたらどうしよう? と不安になっているとそれが文面にあらわれてしまい、相手が返信しにくくなってしまうことがあります。そうならないためには、お誘いLINEを送るときは肩の力を抜いて、断られてもいいや、という気持ちで送ってみてくださいね。力んでお誘いLINEを送らなければ、たとえ断られても意外と平気でいられるものですよ。

美しいと感じた景色の画像を送る

あなたが“キレイ”“素晴らしい”と感じた情景を見ることがあったら、写真をうつして好きな人にLINEで送るといいでしょう。実際に筆者はある男性から美しい海の画像がLINEで送られてきて、感動した経験があります。あなたの感動は言葉にしなくても、画像で十分伝わるものです。そして、そのような画像を送ってくれた相手のことを“素敵な感性を持っている人”だと思う可能性もあるでしょう。

いかがでしたか? LINEは手軽にコミュニケーションがとれるツールだからこそ、ちょっとした工夫や気遣いをすることが大事ですよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

羽音(はのん)

都内在住のライター/編集者/コンテンツディレクター。
17歳の頃、演劇をはじめ次第に舞台脚本に興味を持ち、紆余曲折を経てライターに……。映画、旅行、自然が大好き。