理想的なカップルでも避けられない?日々のちょっとした苛立ち

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.05.29.Sun

恋愛にとって最大の脅威とはなんでしょう?
浮気、家庭内暴力(DV)、あらゆる中毒症状といった分かりやすいものばかりではありません。むしろ、日常から感じるささいな習慣やクセこそが問題になることも少なくありません。

床に投げ捨てられた靴下、物を食べるときのクチャクチャという音、トイレの便座の開閉、なんど注意しても改まらないこうした日常の小さな習慣が、つもり積もっていつか忍耐の限界に達してしまい、ついには離婚に至る、そんなケースが多いとNYの結婚カウンセラーは指摘しています。

男性側としてはまったく無意識に行っているこうした習慣やクセ、でも女性にとってはどうにもイライラしてしまう悪癖だということ、カップルならば少なからずあると思います。最初のうちはいちいち注意しても、全然相手が改めなかったり、変わらないでいると、あなたの不快感はますます大きくなるばかりです。

相手がいつまでも変わらない場合、それでも関係を維持したいのなら、あなたが変わるしかありません。あなたの感じ方、ものの見方を変えて、ちょっと違う角度から考えてみましょう。恋愛関係において、人は自分が何か相手にしてあげること(GIVING)よりも、相手にしてもらうこと(GETTING)により関心を向けるものです。彼のクセはなおらないかもしれません、でも、あなたがそれにどのように反応するか、どのように感じるか、ということは変えられるはずです。

まず、多くの人が陥りやすいミスが、恋愛関係にある相手も自分と同じようなことを欲しているとほぼ無意識のうちに考えてしまっていることです。キレイ好きな人は同じレベルの清潔度を彼にも求めていませんか? 相手はインドア派なのに、むりやり外に連れ出そうとしていませんか?

いくら付き合っている仲とはいえ、求めているものがすべて一致するということはなかなかありません。むしろ、相手との違いをはっきりと認識し、その違いを積極的に受け入れ、楽しもうとするくらいのほうが、相手にも自分にもストレスがありません。

相手へのイライラの原因、男女ではこんなに違います!

(ルイビル大学の心理学者 マイケル・カニンガム氏の調査結果による)

男性が女性に感じるイライラ トップ5

1.不満があるとダンマリでしゃべらなくなる
2.かつてのことをむし返す
3.妙に積極的すぎる、あるいは冷たすぎる(両極端にはしる)
4.批判的になる
5.頑固で主張を曲げない

女性が男性に感じるイライラトップ5

1.誕生日や記念日など重要なイベントを忘れる
2.仕事に熱心さが足りない
3.大きなゲップやオナラを平気でする
4.ほかの女性を眺める
5.頑固で主張を曲げない

なお、カップルの不満の元となりやすい家事分担ですが、これも公平を期して半々で分担しようとするカップルほど、不満度が高いという興味深い調査結果もあります。”公平”を目指すあまり、お互いの仕事量が同じであるか、比較、言い争いに費やすエネルギーが多くなり、むしろケンカの原因になりやすいからです。表面的なことで線引きするより、お互いの能力や好みでざっくり決めた方が、余計な衝突やケンカは避けやすいといえます。

完ぺきな人間なんていないのですから、ついイライラしていしまう相手のクセに神経を集中するより、いい面をもって褒めて伸ばしてあげるようにするほうが、カップルの円満な関係維持には役立つようです。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!