男性が思わずうんざりしてしまう彼女の4つの愛情表現

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2014.11.16.Sun

恋人が一生懸命愛情表現してくれるのは嬉しいモノ。でもされすぎたり、方法によってはちょっとうんざりしてしまうものもあります。ただ難しいのが、愛情表現において悪気があるものは1つもなく、文句も意見も言いにくいというところ。彼女がしてくれる愛情表現の中で男性が困っている、はたまたうんざりしている彼女の愛情表現というものがあるようです。今回はそんな愛情表現4つをご紹介します。

1.手作りアイテム

「彼女お手製の○○」をプレゼントされることです。実は甘いものがあまり好きじゃないのに、ケーキやクッキーなどのスイーツを手作りするのが大好きな彼女が、会うたびにせっせといろんなものを作ってきてくれるときなど、なかなか「お菓子あんまりすきじゃないんだ……」と言い出せず困っている男性も多いようです。
またお菓子以外にもイニシャル入りのマフラーや小物など、着けたり持ち歩いたりするのが恥かしいけど、「いらない」とは言えないので強制的に利用しなければならない場合も苦痛なんだとか。

2.四六時中好きと言ってくる

「好き」と言われて悪い気はしないけれど、ことあるごとに言われると自分も言わなければいけないという強迫観念に駆られると感じる人も多いようです。また「好き」といつも言われているとだんだん言われ慣れてしまい、ありがたみを感じなくなってしまうもの。夜寝る前のメールや朝起きた時のメールなどで「好きだよー!」と入っているくらいの方がいいみたいですよ!

3.カッコいいと常に褒めてくれる

「だっさ!」と言われるよりももちろん「カッコいい!」と言われる方が嬉しいに決まっているのですが、カッコいいと常に褒められると「彼女をがっかりさせないためにも常にカッコよくいなければいけない」と緊張状態になってしまうそうです。その結果、彼女といてもリラックスすることができず、交際を続けていても気持ちが疲れてしまうという結末に。私たち女性も常に「可愛い」「きれいだね」なんて言われると「何か裏があるのかしら?」なんて思ってしまったり、うんざりすることってありますもんね。

4.ハート絵文字満載のメッセージ

四六時中好きと言ってくるパターンと似たところがあります。メッセージは常にハートの絵文字満載! 絵文字なしのメールを返信しようものなら「冷たい……」と言われたり「私のコト好きじゃないの?」なんて疑われたりする状況に陥ってしまうことがあると、うんざり度がマックスに達してしまうようです。絵文字を使うか使わないかは個人の自由なので、ハートが満載だろうが、まったく絵文字がないだろうが文句は言えませんね。

いかがでしたか? 彼のことが大好きすぎると思わずやってしまいがちな4つの項目。みなさんも気を付けてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。