街コンや婚活パーティーでひとりも釣れない人は「いい男がいない」のではなく「モテない」だけだった!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2014.08.22.Fri

「出会いがない」がずっと口癖。何かを食いつくすかのように片っ端から街コンや婚活パーティーに出席するも「今日もハズレだね~」「いい男いないよねぇ」なんて愚痴りまくる日々。客観的にみれば「モテないだけ」なのに、本人たちに自覚症状はなく「どっかからいい人が降ってこないかなぁ」なんて思っている女性の多いこと……。
「私、まあまあ綺麗だからイケるんじゃない?」「センスもいいと思うし……」と自分の外見を磨くことばかりに執着し、「こんな私を楽しませてよ!」なんて上から目線で参加しても恋の実りはありません。それどころか男性たちからはドン引きされ、誘った友達からは後悔されていることも……。というわけで今回は、初対面の飲み会でも絶対に誘われるために気をつけたい3つの心得をご紹介します。

非モテ女子の合コン:相手を恋愛対象でしか見れない

モテるには…:「ひとりの人間として相手を尊重するのが大事!」

モテない女子は、合コンでは相手のことを恋愛対象としか見ていません。自分にとって「付き合える相手か」「付き合えない相手か」で判断を下そうとするため、ストライクゾーンでない相手に対しての扱いが雑になります。飲み会開始の時点でモテない女子たちは相手の外見だけを重視して「今日はハズレ」「いい男がいない」とジャッジをくだし、ひとりで勝手に萎えているのです。
もちろん、そんな浅はかな女性がモテるはずもなく。あからさまに相手によって態度を変えるのは、周囲にもバレバレ。言葉にせずとも顔に出ていることも多いので注意してください。大事なことは「恋愛対象」ではなく「人間として相手に敬意をもって接すること」!はじめから恋愛モード全開でいくと周りも引いてしまいますよ。

非モテ女子の合コン:媚を売るのに必死

モテるには…:「浅はかな恋愛テクニックより、相手に興味を持つこと」

モテない女性は、自分を良く見せようと必死になります。つくりこんだ自分を演じるのにいっぱいいっぱいで気持ちに余裕がなくなります。見栄を張ったりぶりっこをしたりと媚を売るのに集中してしまうため、相手の話をよく聞きません。
自分のことに夢中になっている女性は、相手を受け入れる隙がありません。良く見られようと頑張れば頑張るほど恋は遠ざかっていきます。モテる女性は、恋愛テクニックなど使わず、純粋に相手の話に興味を持ち、耳を傾けます。「あなたの話を聞きたい」「あなたのことを知りたい」という姿勢をとられて嫌だと感じる人はいません。小手先の恋愛テクニックのマニュアルを読むくらいなら、黙って話を聞いているほうがぐっと印象もアップします。

非モテ女子の合コン:お客様的意識

モテるには…:「一緒に過ごす時間を楽しもうとする!」

「上から目線な女性はモテません」……という文章をどこかで一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。実際にどういったシーンで上から目線を感じるかというと、単純に「お客様目線」であるときです。相手の話が面白くないときには苦笑い、つまらない話に対して鼻で笑ったり、スマホをいじっていたりする行為は女性という前に人としてルール違反です。「私にサービスしてよ」「楽しませなさいよ」というのは、言葉を発せずとも伝わってきます。
素敵だなと思われる女性は、一緒に過ごす時間を楽しもうと意識します。まずは「楽しみたい」という気持ちが先行するので、よく笑い、面白い話に乗り、上手に相手を気遣うことができます。恋愛テクのマニュアルに乗っているからとサラダをよそったり、唐揚げにレモンをしぼるのではなく、純粋に楽しみたいという気持ちで動きます。

この3つを守る+清潔感ある格好と、ボサボサでない艶々ヘア、手入れした肌があれば生まれつきの外見の美醜問わずに確実にモテます。「女性として」よりも「人間として」好かれる行動をまずは心がけましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

ドヴォルザーク麗子

恋愛指南は辛口が好みですが、実生活では中辛です。