セックスレス化の恐れも!? 男性に聞いた「ベッドの上のムダ毛」事件簿

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

彼との交際に慣れてくると、良くも悪くも気が緩んでしまいがち。メイクやファッションを手抜きしたり、女磨きをサボったり……していませんか? 中でもとくに男性がショックに感じるのは「ムダ毛」なのだとか。そこで今回は、男性がベッドの上で萎えた「女子のムダ毛」にまつわる事件簿をお届けします。

「俺を男として見てくれてないのかな……」 処理の甘いワキに幻滅

まずは、女性のワキ毛に萎えてしまったエピソードを、20~30代の男性に聞きました。

・「付き合って2年になる彼女。最近油断しているのか、まぁいっかと思っているのか、昔よりもワキの処理が甘い。1~2本剃り忘れた毛を見ると悲しくなります」(28歳/コンサル)

・「ネットで知り合った女性と2回目のデートでホテルへ。微妙に黒ずんだワキがショックでした。ワキ以外の肌は白くて綺麗だったので、ちょっと残念な気持ちになったんです。もったいないなぁと……」(31歳/不動産)

・「触れたときにザラザラしていて、質感が滑らかではないと、なんとなくガッカリしちゃいます……。ワキを攻めるのが好きなので、ワキの触り心地にはうるさいんです(笑)」(32歳/IT)

「Hも雑なのかな……」 中途半端な処理を見て男性が思うことって?

続いて、女性のVラインに萎えてしまったエピソードについて、20~30代の男性に聞きました。

・「中途半端に剃り残しがあると『Hも雑なのかな』と思ってしまいます。実際、この予想は結構当たります(笑)。綺麗・完璧に処理している子はベッドの上でも丁寧な気が」(30歳/出版)

・「剃りすぎたせいか(?)埋もれ毛ができているVラインはちょっと悲しい……。明るいところでHすると意外と目立ちますよ」(26歳/人材)

「カミソリ負けして赤くなっているVラインを見ると、若干その気をなくしてしまいます。頑張って処理してくれたのだろうとは思いますが、痛々しく感じてならないんです」(28歳/メーカー)

自己処理不要で綺麗に♪「サロン脱毛女子」になろう

一方、上記の男性たちに、サロンで脱毛している女子についてどう思うか、話を聞いてみました。

・「Hをする前日とか当日に、その都度剃るのは面倒くさくないのかな……。常にムダ毛がない状態だと、慌てる必要もないのではと思いますが」(28歳/コンサル)

・「男は結構、女性のムダ毛の残り具合を気にする生き物。きちんと処理されていないと、『俺たち男と女の関係じゃないのかな』とか不安になっちゃいます(笑)。なので『サロンに通い始めた』と聞いただけでも、嬉しい気持ちになりますね」(30歳/出版)

「自己流だと肌が荒れたり、黒ずんだり、いいことがないと聞きます。プロに任せたら楽ですし、肌も傷めないし一石二鳥なのでは。賢い女性はみんな、脱毛をプロにお願いしている印象です」(28歳/メーカー)

人気脱毛サロン「ミュゼ」で美両ワキを手に入れて!

面倒な自己処理は卒業して、ラクして美しい両ワキをゲットしたい! そう思う女子は脱毛をプロに任せるのがおすすめです。いまとくに女性たちに人気の脱毛サロンは、全国188店舗を展開する「ミュゼプラチナム」。現在実施中の2015年6月30日までの限定プランがおすすめです。両ワキ美容脱毛完了コースが驚きの100円! 何度通ってもこの価格なので安心。さらに今月から始まったまとめ割30%以上OFFもかなりお得!この割引率はミュゼ史上最大!これからの季節に気になりだすヒジ下・ヒザ下、背中などからハイジニーナまでまとめて買うほど、ドンドンおトクに!(⇒詳しくはコチラから)

施術の流れもシンプルです。予約後にカウンセリングを行い、脱毛当日には肌チェック、ジェル塗布、光照射、冷却、トリートメントと両ワキであれば30〜40分程度の施術で終わります。痛みも感じないため確実に続けられます。

さらにミュゼは他のサロンとは異なり、電話予約以外にWeb予約もできることが特徴。いつも混み合いがちで、イライラしてしまいがちな予約の電話ですが、Webだとストレスフリーなのも嬉しい。ちなみに万一のときのキャンセルもWebでできて、キャンセル料もかかりません。

自己処理を続けていると常に気になってしまったり、処理し忘れることがあったり、肌が傷んでしまったりと、よくないことが多いですよね。サロンで施術してもらえば、いつも完璧な状態でいられます。

キレイな両ワキを手に入れたい方は、人気脱毛サロン「ミュゼプラチナム」へ行ってみてはいかがですか☆

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子