浴衣で彼をドキッとさせよう! 男性が思わずときめいてしまう仕草5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
上岡史奈

Written by:

2014.07.17.Thu

お祭りや花火など、浴衣を着たい夏の時期。気になる彼と浴衣デートにいくことができたら、彼の心をわしづかみにしたいですよね。ちょっとした仕草で、彼をときめかせる振る舞いを集めてみました。

後れ毛が出ていないか、アップにした髪にゆっくりと手をやる

浴衣や着物は、体型が出にくい服です。ですので、くびれやバスとなど女性らしい体のラインを見せつけることはできません。
だからその分、うなじを出すことで色気が出るのです。髪は必ずアップヘアにしましょう。そして、後れ毛が出ていないかチェックするふりをして、彼にうなじに注目してもらいましょう。その際の動作は必ず普段より「ゆっくりと」です。洋服の時の倍くらいの感覚でゆっくり動いたほうがエレガントさも出て、いつもと違うあなたの魅力に気付くでしょう。しかし、うなじが真っ黒に日焼けしていたり、産毛がびっしり生えていたら引かれてしまいます。襟足の日焼け対策とむだ毛の処理は忘れずに!

草履の鼻緒のズレを直すふりをして、彼の肩を借りる

「ちょっと肩借りていい?」など声がけをして彼の肩を借りましょう。荷物もってもらっていい? と言うよりも、彼の肩を借りた方が距離が縮まります。わざとらしく触れるのではなく、あくまでも草履の鼻緒を直すことに集中しましょう。近い距離にあなたの真剣な顔があることで、彼もドキドキしてしまうハズです。

虫除けスプレーを使う際に、かがんで足首がちらっと見えるようにする

立ったまま前屈みになってスプレーをしたり、見えすぎると単なる下品になってしまうので、ちらっと足首の部分の裾だけめくるのがいいでしょう。
また、かがんで彼の足首にかけてあげるのもドキっとされるでしょう。変に意識した風にせず、自然に行うのがコツです。

人ごみでよろけそうになって彼の浴衣の裾をつかむ

はぐれそうになりやすいのがお祭りや花火。手をつなぐ勇気がなかったとしても、はぐれそうになったり、よろけそうになったら彼の服の裾をつかむと可愛らしい雰囲気になります。
ベタですが、彼も浴衣着ていたらなお掴みやすいですね。彼の方から手をつないでくれるきっかけになるかもしれません!

うちわで扇ぐときに、のど仏と首の華奢さが引き立つようにする

彼から見える角度を計算して、あなたの首元が美しく見えるようにあおぎましょう。事前に練習しておかないと、自分の首元がどの角度から見えたら美しいのか分からないので、鏡で練習しておきましょう。
また、内輪にほんのりいい香りの香水をつけておくと扇ぐたぶに良い香りが広がりますよ。

どの仕草も、いきなりやろうとしては綺麗に動けません。そんな計算高いことできない……と思うかもしれませんが、浴衣のときは自然と内股になるようなカワイイ歩き方をした方が奥ゆかしく見えるように、浴衣だからこそ似合う振る舞いもあるのです。照れずに、せっかくの浴衣で彼にアピールして彼の心を掴んでくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

上岡史奈

探偵歴11年の元女探偵、探偵BAR店長を経て、
離婚、婚活、復縁などの相談を受ける恋愛プロデューサー。恋愛運が上がるネイルも研究中
趣味 パワースポット巡り
アメブロ http://ameblo.jp/erumoamere/
ツイッター@erumoamere

写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子