パジャマ、ネグリジェ、それとも裸?? 彼と寝るとき、なにを着るのが一番盛り上がる??

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2014.07.25.Fri

暑くて寝苦しい夜が続く時期ですが、皆さんは寝るときどんな格好ですか? とにかく着心地のいいパジャマ、それとも大人っぽくシルクのネグリジェ、あるいはもう何もなしという人も?? チョイスは人それぞれですが、円満なカップル関係にとっては、裸でベッドにいくのがもっとも好ましいという説もあります。自分の裸にかなり自信がないと難しそうですが、「他人の意見なんて関係ない! 裸のまま寝るのが一番快適だし、気持ちいいの」という人も事実です。

解放感がたまらない!! 寝るときは裸で……という人の意見

「なにも着ない状態が一番リラックスできるし、恋人とのスキンシップもダイレクトに楽しめる。ふたりで裸でベッドに横たわれば、それだけで親密感も高まります。それに、洗い立ての新鮮でピシッとしたシーツに全身で横たわるのは一種の快感。これに慣れると、わざわざ寝るときにパジャマを着ようという気持ちはなくなります」

▽ なるほど、たしかに開放的なことこの上ないし、パートナーがいればなおさらかもしれません。その流れで、Hもしやすくなるので、カップルとしてのラブラブ度は高まるような気がします。
では、なにか着ないとやっぱり眠れない……という人はどうなのでしょうか?

パジャマに包まれてベッドに入るのが一番、という人の意見

「上質なパジャマで包まれて眠りに落ちるのは最高だし、子どものころからの習慣なので、今更それを変えるなんて無理。自分だけのお気に入りパジャマには他にはない愛着があるし、それが自分にとってもっともリラックスできるスタイルだから、誰にも譲れないわ」

▽ 子どものころからパジャマで寝る習慣があると、裸で寝ることには抵抗を覚えるかもしれません。たとえパートナーと共にベッドに入っていても、寝るときはパジャマという人はやはり多いのでしょう。

裸で寝ることの健康メリットも見逃せない??

カップル関係が良くなるということ以外にも、健康面でも裸で寝ることにはメリットがあるといいます。たとえば、

・裸になることで全身の皮膚呼吸が活発化し、より深い睡眠につける
・ショーツやブラなどの締めつけから解放され、血行も良くなる
・体の発熱作用が促進され、新陳代謝がよくなる

といったことで、裸で寝ることを一種の健康法として考えている人たちもいるようです。

まとめ

裸でも、なにか着ていてもやはり自分がもっともリラックスして眠れるということが重要だし、リラックスできるからこそ彼ともいい関係を築けるのだと思います。裸で寝るというのは欧米では日本よりもっとポピュラーですが、それを可能にしているのがバスローブ。あれはシャワーやお風呂から上がってさっと羽織れるし、全身も隠すことができて便利なものです。いきなり裸で寝ることに抵抗を感じるという人は、バスローブを身近に用意しておくと、ベッドや布団からすぐに着れるので恥ずかしい思いをしないですみます。いきなり裸で寝るのに抵抗がある人は、まずはバスローブで始めてみてはいかがでしょう?

参考記事(海外サイト):Is sleeping nude really the secret to a happy marriage? That’s what a new study claims. Here five plucky writers reveal how their nightwear affects their relationship

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。