「せっかく気合いを入れたのに!!」男性が苦手なメイク5つの本音

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

2014.06.16.Mon

スモーキーアイに、ビビッドカラーのリップ。気になる彼とのお出かけ前には、いつもより気合いを入れる乙女も多いのでは? でも、女性には人気の流行メイク、意外と彼にはウケていないかも!? そこで今回は女性が大好きなメイクに対する男性の本音をご紹介します。

隙のない作り込まれた肌

「厚塗り! っていう感じの化粧は苦手。ファンデーションをつけているかつけていないかぐらいの素肌っぽいのが清楚な感じで好き! もともと肌が綺麗な子なんだなと好感度が上がる」(20代/営業)

▽ 乙女としては自分の肌のコンプレックスを全部塗り隠してしまいたいところですが、カバーしすぎの肌は男性からするとちょっと「やりすぎ!」感があるようです。男性が望んでいるのは“素肌風の薄づきメイク”。柔らかい肌の質感が強調できるような伸びのいいBBクリームやCCクリーム、ミネラルファンデを選ぶのがおすすめ。気になる部分はコンシーラーでカバーして。

ビビッドカラーのリップ

「あんまり派手な色の口紅をつけていると、キスするような機会があってもためらってしまうと思う……。ピンク色でぷるぷるのやわらかそうな唇がエロい!」(20代/営業)

▽ おしゃれに敏感な女性の間では、明るいオレンジや真っ赤なリップが人気になっていますが、男性ウケはいまいちのよう。色味の無い透明グロス(つけすぎは、これまた男性のキスする意欲を失ってしまうようです……)や、色味のついたリップクリームで「思わず食べたくなる!」唇を作りましょう。唇の中心にパールの入ったリップやグロスを置くとよりふっくら感を演出できます。

太すぎるキャットアイや塗りすぎスモーキーアイ

「目元はあまり塗りすぎていないほうがいいかな。最近流行ってる目の周りを真っ黒にするようなメイクは苦手。絶対メイクとったら別人だろ! って想像してしまう」(30代/IT関係)

▽ スモーキーアイやキャットアイは海外の男性ウケは抜群のようですが、日本の男性からの支持はまだまだ少ないよう……。ブラウンやゴールドでふんわり仕上げた優しい目元のほうに女性らしさを感じる人が多いようです。アイラインも細めにして、よくぼかすようにしましょう。また、ラメがキツいものやカラフルなものも「ケバい!」という印象を与えがち。パールの細かいものや優しい色合いのシャドウを選びましょう。

はっきりチーク

「いかにも『チーク塗ってます!』みたいなのは、どんだけ乙女アピールだよ! ってなんか笑える。運動したあとに自然に火照ったような自然な色がいい」(20代/営業)

▽ チークはなるべく自然に見せるのがポイント。チークを入れた後に大きめのパウダーブラシでよくぼかしましょう。少しパールの入った物を選べば、ほどよいツヤ感で自然と上気したような肌を演出できます。くれぐれもつけすぎに注意! メイクの仕上げには蛍光灯ではなく、窓際の自然光の下で仕上がりをチェックしましょう。

ばさばさつけまつ毛

「どうしてつけまつ毛がいいと思っているのか本当にわからん! 不自然だし、違和感がある。(彼女の家で使い終わったつけまつ毛が落ちてると虫かと思うからそれもやめてほしい……)」(30代/専門職)

▽ 女性からすると素晴らしい発明品だと思うのですが、男性からは意外にも「不自然!」という声が多いようです。ビューラーでしっかりカールさせた後に、まつ毛を長く見せるファイバー入りのマスカラで仕上げるぐらいがちょうどいいかも。つけまつ毛を選ぶなら毛量の少ない自然なタイプを選びましょう。

いつもとはちょっと違うメイクで、彼をますますどきっとさせてみては?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。