「い……いっそ死んでしまいたい!」男と女の“恥ずかし~い”ムダ毛事件簿

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

スポンサード

夏が近づくにつれ、恋する気持ちも高まってきますよね! でも、せっかく男性を虜にするはずの薄着で、恥ずかしい大失敗……いっそ死にたい……そんな大失敗をしてしまう乙女、けっこう多いみたいなんです。今回はまさに穴があったら入りたくなってしまうムダ毛の悲しい失敗談をご紹介します。

ぽつぽつになってる~

「つき合い始めたばかりの彼とデートの後、彼の部屋へ。いい雰囲気でいちゃいちゃしていると、彼が私の肌をすりすりして一言『なんかぽつぽつしてる~(笑)』恥ずかしさと情けなさでHどころではなくなってしまった。男性のひげと一緒で、朝剃っても夜にはすでにぽつぽつ生えてくるっつの!! 女性のムダ毛を甘く見んなよ!」(20代/事務)

ドレスよりワキ毛!

「結婚が決まり、ウエディングドレスの試着に。なにを考えていたのか、冬だったこともありうっかりワキの処理をするのを忘れてしまっていた! スタッフの方にドレスを着せてもらうときも、試着して彼に見てもらうときも終始ワキだけは見られないよう死守! 本当にドレス選びどころじゃなかった……」(20代/営業)

同棲中の彼に……

同棲を始めて、毎日カミソリをあてるようになったらだんだん肌が荒れるようになってしまったので、毛抜きで処理をするように。そうしたら毛穴が炎症を起こしてぽっこり赤く腫れてしまい、彼に『ワキにもニキビできるの?』と笑われてしまった。彼のために一生懸命処理をしたつもりが、逆に恥ずかしい目にあってしまった」(30代/事務)

男性部員の前で……

「学生時代バスケ部の練習中、急遽ユニフォーム(ノースリーブ)を着て男子バスケ部と練習試合をすることに。いつもは半袖のTシャツで練習しているので、しっかり処理をしておらず……。顧問の先生に『なんで着れないんだ?』と問いつめられ『ワ……ワキ毛が』と女子部員のみならず、男子部員の前で白状させられたのは相当きつかったです」(筆者体験談……涙)

▽ 乙女たるもの、やっぱりいつでも隙のないつるつるなお肌を維持することが欠かせないようです。でも正直自己処理をし続けるのは面倒だし、肌への負担も大きい……ここはやっぱりプロに任せるべきかも。

レイビスが選ばれ続ける理由

そんなとき頼れるのが、1986年に創業し今年30周年をむかえる「レイビス」。たしかな脱毛技術と経験による、ひとりひとりの肌質・毛質にあったオンリーワントリートメントの“全身プレミアム脱毛”が、女子たちに支持され続ける理由です。
美容脱毛41社を対象とした、過去3年以内に美容脱毛を利用したことがある7,241人の調査に基づいて顧客満足度をはかった「2016年オリコン日本顧客満足度調査」美容脱毛部門でも、第1位! とその実力はお墨つき。「安全第一」をかかげるレイビスなら、めんどうなムダ毛ケアも安心してプロにおまかせできます。

薄着の季節だし……とりあえず「ワキ」、「ヒザ下」、「ヒジ下」など見える部分だけもナントカしたい!! というあなたには、全身35ヶ所から4ヶ所好きなパーツを選べる「全身4ヶ所脱毛月額プラン2,980円」がオススメ。このほか10ヶ所・35ヶ所をセレクトできるコースもあります。全身35ヶ所の全パーツ脱毛でも、月額9,800円なのです。さらに今なら、フェイシャルエステ1回プレゼント。また、全身プレミアム脱毛月額プラン3コースとも、1ヶ月分「0円」キャンペーン中です!(⇒詳しくはコチラから)
キレイな素肌で春ファッションを楽しめば、「あ、ヤバイ……!!」とビビってしまっていた彼の目線も、「あ、見てる……♪」と自信をもって大歓迎できるようになれますよ。

この春、気になるパーツだけ効率よくケアして、ふとした瞬間に地獄をみる“ムダ毛事件”をもう二度とおこさないで!

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。