付き合う前でもジャッジは可能! 女子の幸せを壊すモラハラ男の特徴

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2014.06.20.Fri

彼女や妻に対して威圧的な態度を取ったり、言葉の暴力で心を傷つけ、精神的に支配しようとする「モラハラ男」。うっかり付き合いが深くなると、へりくつじみた言葉の暴力を浴びせられたり、愛情はないのに振られることが受け入れられずに別れてくれないなど、女子の幸せを高い確率で壊す地雷物件です。でも、恋人同士になる前でも冷静に見ればモラハラの芽は見つけることができます。彼らに見られる危険な兆候をまとめました。

店員に偉そうな態度を取る

「彼女だけではなく、ショップやカフェの店員さんにも横柄な態度を取らない」ということは、いい男を見分けるためのチェックポイントとして良くあげられますが、ここに気を配ることはモラハラ男という地雷を踏まないためにも大切なこと。モラハラ男の特徴に、「根本的に自信がなく、人に対して大きな態度を取ることで威厳を保ちたがる」という点があります。仕事ゆえ、穏やかな態度を保ってくれている店員さんたちにムダに上からな態度を取ったり、小さなミスをネチネチ怒ったりするような男はモラハラ男としての素養も大と言えそう。

謝りを指摘されたり反対意見を言われると怒る

モラハラ男は批判に敏感。これもまた、自分に自信を持てないためです。自信がある人、成功する人ほど、自分のいたらない点を聞きたがり、改善したがるものですがモラハラ男は根拠のない悪口はもちろん、相手が自分のためを思ってしてくれた指摘でさえ素直に受け止めることができません。誠意ある忠告にビックリするような逆ギレをして、いつの間にか自分をたしなめてくれる存在さえなくすことも。気づくと人望も同性の友人もなくし、さらに自信をなくすという悪循環にハマっていきます。

謝れない

批判に敏感なだけではなく、他人に対して謝ることも苦手です。物事を勝ち負けでしか判断できないため、「謝る=負け」と捉えているのでたとえ自分が悪くても、なんとか謝罪の言葉なしに場をおさめようとします。モラハラ体質でなくても、男性は全般に謝るのが苦手な傾向はありますが、モラハラ男の場合はどんなに自分が悪くても、場合によっては「謝った方がいいと思うよ」と忠告されても謝りません。その傾向は自分の彼女や妻に対してはより強く現れ、「しつこく謝罪をせがんで俺を不快にさせた」など、問題のすり替えを行うこともあります。

独占したがる

恋人が友達と出かけることを嫌がる、ほかの異性と口をきくことを嫌がる、などに始まり、メールの返信が遅いと怒るなど、彼女の行動、時間を縛りたがる「独占タイプ」の男子は、モラハラ傾向があるかも。付き合いはじめなどは多少の束縛も「愛されてるのかな?」と感じてしまいがちですが、モラハラ男の独占欲は、相手を思い通りにできないことに対する苛立ちで、普通の恋愛にみられる可愛い焼きもちとは別物。「こんなに愛してくれるなら」と、深い付き合いになったり、結婚を考えるのは危険です!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019