友達だと思ったのに……あなたの恋を邪魔する営業妨害女子のエグいやり口

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2014.05.27.Tue

一見仲がいいように見えて、自分以外の女子がちやほやされるのが気に入らないタイプの女子がいます。彼女にロックオンされると知らないうちに他人に変なイメージを持たれたり、狙った男子と距離ができてしまっているかも? 影で巧妙にほかの女子の足を引っ張る営業妨害女子の巧妙なやり口はこれ!

「あの子は強いから☆」

あなたを褒めていると見せかけて「○○さんはしっかりしてて、強いから」なんて男子に吹き込む女子、いませんか? 「あの子は性格がキツいから」など、悪口に聞こえる言い方は選ばず「友達の悪口を言う女」になるリスクは避けつつ、恋人としては敬遠されがちな「気の強い女」として男子にあなたを印象づけていることも。気の強い女が好きな男子もいますが、本人不在の所で語られる「強い女」にいい印象を抱く男はいません。もし問いつめても「えー、かっこいいって思ったから言っただけだよ☆」と逃げられるのがオチです。あまり問いつめると「私はそんなつもりなかったのに、やっぱり怖いよね☆」と足を引っ張る材料を与えてしまうことになりかねません。

あいまいにごまかす

気に入った女子に直球で「彼氏いるの?」と聞けない男子も多いもの。特に、仕事関係でのつながりや、共通の知人が多すぎる場合などはなおさらです。そんなとき、「あの子、彼氏いるのかな?」という質問に、営業妨害女子が「さあ? 私の口からはちょっと……」とごまかすことで、「口止めされてるのかな?」「やっぱり彼氏いるんだ」と思われてしまう可能性もあります。「だって、私の口からは勝手な事言えないし☆」とは営業妨害女子のセリフですが、わざと誤解されるようなことは言わないのが大人の対応なのは、本当は彼女もわかっているはず。

抗議するとすぐ泣く

上記のような、抗議していいのか悪いのか微妙な営業妨害でも、度重なると、実際とは違っても「彼氏がいる」「気が強い」などの恋にはマイナスイメージがついてしまうこともあり、やられた方はじわじわストレスがたまるもの。だからと言って「人前でそういう事を言うの、やめてもらえないかな?」などと抗議しようものなら「そんなつもりじゃなかったのに!」と泣きだします。女子のケンカを端から見たら、圧倒的に悪く見えるのは泣かせた側。それまでの経緯は見てもらえないことがほとんどです。どんなにムカついても直接抗議は避けた方が自分のためかも。

相手に恨みはなくても、面白半分に人の恋路を邪魔する「営業妨害女子」。こんな女子には「狙ってる相手の事を教えない」「直接抗議は避ける」ことが自分の身を守るポイント! さらに、自分の知らない間に強い、キツいなどのマイナスイメージを植え付けられていることがわかったら、あえて抜けているところ、ぼんやりしたところを見せつけることで「キツいって聞いてたけど、結構ほんわかしたところもあるんだな」とギャップ萌えを狙えることも! スルーできる力を持つのも大切です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019