短時間でも初デートでも! 狙った人と仲良くなれる「サシ飲みデート」の掟

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2014.04.24.Thu

初デートはどこに行くことが多いですか? 映画やショッピングも悪くありませんが、短い時間で仲良くなれて、仕事終わりでもスケジュールが立てやすいのが、好きな人との二人っきりの飲み=「サシ飲み」。同じものを一緒に食べたり飲んだりすると親密な空気ができやすく、カジュアルに誘いやすいので、お手軽なようで手堅い初デートと言えます。せっかく二人だけで飲むなら、短い時間でも仲良くなれたり、次の誘いにつながるポイントは押さえておいて損はありません。

カウンター席

もし彼がお店のリクエストを聞いてきてくれたら、食べたいものより席種のリクエストを! 気になる人とのサシ飲みなら、カウンター席が断然お勧めです。さりげなく近くに座れるうえに、食べたり飲んだりする口元をまじまじと見られずに済み、さらに、「ノースリ+ジャケット」のようなスタイルで飲み始めて、途中でジャケットを脱ぐことでドキッとさせたり、常に並んでメニューを覗き込むことで実際の関係以上に親密な空気感を演出することも可能です。テーブル席のお店だった場合は真正面に座るのは避けて、斜め45度の席に座ると、カウンター席に近い効果があります。

酒の強さは関係ない

「私はお酒が飲めないから、一緒に飲んでも彼は楽しくないかも」「彼のほうがお酒が弱いから、自分だけたくさん飲んでしまって彼が先につぶれちゃうかも」という心配は的外れ! 気になる人とのサシ飲みは、お酒の強さを競う場ではありません。一滴も飲めないという人ははじめから飲みデート以外をチョイスした方がいいかも知れませんが、あまり飲めなかったり、顔が赤くなっても、場を楽しんでいると仕手に伝われば悪い印象をもたれるケースは少ないようです。むしろ「顔が赤くなるのがかわいいと思う」という声も。ノリの良さをアピールしようとして飲みすぎたり、照れくさいからと彼にやたらと飲ませようとすると、気づいたらベロベロに酔っていたなんて怖い失敗も。酒量では無理をしないのか肝心です。

長居しない

「未完のものほど印象に残る」傾向があります。中途半端なところで終わったマンガは続きが気になったりしますよね。気になる人とのサシ飲みは、お酒の力もあって、いい雰囲気になることも多いですが、クロージングを焦ってダラダラと長居したり、その日のうちにお持ち帰りされてしまっては「続きはもういいや」とおなか一杯になられてしまう可能性も。ただでさえお酒が入っているので、ダラダラしていると雰囲気がエロのほうに流れがちです。彼が「もうちょっと一緒にいたいな」と言っても、どんなに場が盛り上がっても終電でさわやかに帰りましょう。サシ飲みは「気になる人と仲良くなる」種目。それまでの飲みが楽しく、ときめきを感じさせることができていれば、誘いを断って帰ったからと言って彼があなたをノリの悪い子だと思うことはありません。

多少お酒が苦手でも、デートの時間は短くても、それが仲良くなることの障害になることはありません。ツボを押さえたサシ飲みデートで彼と仲良くなれますように!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019