あなたはどうとらえる? 数字で見る“運命の人”に出会うまでの遠い道のり

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2014.01.26.Sun

恋愛のスタイルは本当に人それぞれだと思いますが、他人の恋愛事情も時には大いに気になったりしませんか? そこでイギリスからちょっと興味深いアンケートの結果をご紹介。“運命の人”に出会うまでの恋愛経験にまつわるデータなのですが、これを見る限りどこの国でも恋愛ってなかなか難しいことのようです。

データーで見るイギリス人の恋愛平均像

・“運命の人”に出会うまでに付き合った恋人の数…女性7人、男性8人
・“運命の人”と出会う前に肉体関係をもった相手…女性7人、男性10人
・“一夜限りの関係”をもった相手…女性4人、男性6人

おそらくイギリス人のほうが日本人より恋愛には積極的なのかと思われますが、それでも“運命の人”と出会って結婚するまでに7人の相手と付き合うというのはなかなか経験豊富なのではないでしょうか。ちなみにアンケートに答えた人の10人に6人の割合で、「自分にはもう特別な相手なんて見つからないと思った」ことが一度はあると回答しています。

ひとりのときはひとりを満喫し、楽しむのが一番

しかし心強いデータもあります。なんと10人中8人が“最も予期せぬかたちで、運命の人と出会った”と振り返っているのです。つまり変に意識したり、焦っているときには恋のチャンスも自然と遠ざかっているということ。やはり、ひとりのときはシングルライフを満喫し、楽しむのが一番良さそう。そんなときこそ、本来の自分の魅力も大いに高まるものかもしれません。
ちなみにこのアンケートでは、94%の女性が本当の愛を信じていると回答、男性では88%ですから、シニカルに見えるイギリス人たちも実はロマンティック派な人が多数いると考えてよいでしょう。

なかなか恋のチャンスが巡ってこなかったり、シングルの期間が長くなると「もう私なんて恋愛運はないんだ」と諦めてしまいがちですが、どうかそこでめげないで!! “運命の人”にたどり着くまでの恋愛経験が豊富であろうが、そうでなかろうがそんなことは関係ありません。“いつかこんな人と一緒に人生を過ごしたいな”というイメージがあれば、きっと予期せぬかたちで出会いは巡ってくることでしょう。

参考記事(海外のサイト):No one said finding The One would be easy

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。