え?年収まであがっちゃうの??あなたが知らない“キス”の秘密

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

2013.12.04.Wed

クリスマスも近づき、人恋しい季節。寒さを理由に大好きな彼にいつもよりもぴったり寄り添って、すりすりしちゃう女子も多いのでは? そこで今回は「毎日いっぱいキスしてるもん!」というあなたも、「けっ! キスなんてもうしばらくしてないし!!」というあなたも、知るとしたくなっちゃう! キスの秘密をご紹介します。

キスをすると健康になる

“キスをする”という行為はあなたの体にポジティブな働きをします。大好きな彼とのキスはあなたの心拍数を上昇させ、アドレナリンを放出させて、血行をよくしたり、コレステロール値を下げたり、はたまた肌まで綺麗にしちゃうそう。また、キスは“天然の鎮痛剤”の働きも持つようで頭痛や痛みを和らげます。別に健康のためにキスをするわけではありませんが、ますます健康になっちゃうのは嬉しいですね。

キスはエクササイズ

キスはなんとエクササイズでもあるのです。ほっぺに軽くちゅっとするのは2つの筋肉しか使いませんが、ディープキスは34もの筋肉を使うと言われています(これはほとんど顔の筋肉すべてです!)。また、ロマンティックな短いキスは1~2カロリーしか消費しませんが、情熱的なディープキスは5kcal消費します。もし1分間ディープキスをすると265kcal消費! 1時間キスすれば(その前に唇がっさがさになりそうですが……)1560kcal消費! ジムに行くよりキスしたほうが痩せるかも?

キスは麻薬と同じ働きをする

キスの時に放出される“エンドルフィン”という物質は、なんとモルヒネの作用の200倍もパワフルだと言われています。だから大好きな彼とキスした後にはしばらく体がふわふわしちゃうような幸せな気持ちになるんですね。ちなみにキスをすると「オキシトシン」という恋愛やオーガズムといった人間の本能的な営みに関わるホルモンが分泌されるそうですが、このホルモンの中毒になってしまうため、人は“キスがしたい!”という気持ちになるようです。

キスをたくさんする男性は長生き

妻に毎朝「行ってきます!」のキスをする男性は、しない男性よりも寿命が5年も長いそうです。しかも欠勤率も低く、交通事故に遭う確率も低くなるとか。収入まで25%高いなんて聞いた日には、見送りのキスをしないわけにはいかなくなりますね!

キスの最長記録は58時間35分58秒

2013年2月にバレンタインに合わせて、タイで行われた大会(キスにも大会があるんですね!)で出された記録。“世界最長キス”のギネス記録は次々と塗り替えられているようです。次はあなたも挑戦してみては?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。