みんなの憧れミランダ・カーの電撃離婚! その理由を勝手にいろいろ分析してみた。

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.11.23.Sat

スーパーモデルにして、イケメンハリウッド俳優オーランド・ブルームの妻、そして可愛い息子もいて、世の女性たちの羨望を一身に浴びていたミランダ・カーだけにその離婚ニュースは、世間を驚かせました。
あんなに美男美女のおしどり夫婦だったのに、なぜ?? でも、どんなにパーフェクトに見えた彼女たちもやっぱり同じ人間。完璧な夫婦とみられながらもその実、いろいろな感情があったのでしょう。本人たち以外その真意を知る人はいないと思いますが、今までのゴシップニュースから垣間見えた別れの原因を筆者なりに分析してみました。ちなみに“浮気”というのはよく原因として挙げられますが、その真偽は他人には掴めないことなのであえて省いてます、あしからず……。

その1:共働きカップルの典型、やはり一緒に過ごせる時間が圧倒的に少なかった?

長男フリンくんを出産後も、早々にキャリア復帰したミランダ。自らプロデュースするオーガニックコスメブランド「KORA」のプロモーションやモデル業などにも積極的に関わっていました。母になって美しさも増したミランダは世界的にも人気を集め、その名声はもはや夫も凌ぐ勢い。やはりそうなると忙しくなり、一緒に過ごせる時間も圧倒的に少なかったのではと思われます。現代の共働きカップルにありがちな“すれ違い生活”こそ、別れの一番の原因だったのでは??

その2:実は“国際結婚”なふたり、出身国のカルチャーの違いが大きかった??

考えてみると、ミランダはオーストラリア出身、オーランドはイギリス出身でじつは“国際結婚”なふたり。英語は共通ながら、2つの国のカルチャー・文化はかなり違います。開放的でオープンなオーストラリア人気質と、なにかと生真面目な英国紳士的タイプ。ミランダとオーランドにも実はそんな違いがあったのかもしれません。付き合い当初は、その違いも魅力と映ったかもしれませんが、長く一緒にいるとやはり“価値観の違い”と感じるのかも……。

その3:挑発的なスタイルが急に多くなったミランダ、妻としては満たされていなかったのでは??

離婚ニュースの流れる数ヶ月ほど前から、なぜかミランダの奇行めいたゴシップ記事を目にすることが多かったように感じます。乳首が見えそうなドレスで街を歩いていたとか、夫以外の男性とすごーく親密そうな写真を撮っていたなどなど……。なぜか挑発的なスタイルや行動が目立っていましたが、それで“なにか女として満たされていないのでは?”と気になった覚えがあります。優しい夫がいつもそばにいて、可愛い息子の成長を共に楽しんでいるなら、あえて世の男性たちを刺激するようなマネをしようなんて思いもしないはず。そのころから結婚生活は危険信号を発していたのではないかと思うのです。

結婚したときは最高に幸せだったとしても、それを維持していくにはやはり、お互いの並ならぬ努力が必要なようです。ミランダの結婚生活は3年ほど。これを長いとみるか、短いとみるかは人それぞれですが、大事なのはその期間ではなく、その中身。そしてそこで学んだ教訓をいかに次に生かしていくか、ということにあるのだと思います。結婚とはかくも悩ましいものですね……。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。